西村賢太

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年5月17日

西村にしむら 賢太けんた/1967年-/小説家

1967年7月12日生まれ、東京都江戸川区出身。町田市立中学校卒。
2004年に同人雑誌発表の「けがれなき酒のへど」が『文學界』に転載されデビュー。2007年、『暗渠の宿』で第29回野間文芸新人賞を受賞。2011年、「苦役列車」で第144回芥川龍之介賞を受賞。作品形態は私小説で、『苦役列車』をはじめ、作者自身を思わせる人物・北町貫多を主人公にした作品を数多く発表している。藤澤清造の歿後弟子を自称し、『根津権現裏』の復刊や『藤澤清造短篇集』刊行に尽力する。

主な作品

主な作品の画像

  1. 『どうで死ぬ身の一踊り』(2006、講談社)
  2. 『苦役列車』(2011、新潮社)
  3. 『一私小説書きの日乗』(2013、文藝春秋)
  4. 『やまいだれの歌』(2014、新潮社)
  5. 『芝公園六角堂跡』(2017、文藝春秋)

居住期間

1978年から中学校を卒業するまで町田で過ごした。

町田との関わり

父の逮捕が原因で両親が離婚した後、母の仕事の関係で市内に転入した。この頃のことを、「週刊文春」2011年2月24日号掲載のインタビュー「新・家の履歴書」で以下のように述べている。

夜逃げ同然の引っ越しから三カ月ほどして、六年生に進級する春休み中に東京都下の町田のコーポに引っ越しました。当時の町田は至るところで造成が進んでいた新興住宅地で、絵に描いたようなベッドタウン。江戸川や船橋とは百八十度異なる、明るい雰囲気の街並が気に入りました。

当館との関わり

  • 展覧会
  • この街の現在―ゼロ年代の町田若手作家たち―展
    会期:2016年4月16日から6月26日

注記:掲載している情報につきましては極力調査いたしましたが、お気づきの点がございましたらご連絡ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど

電話:042-739-3420

ファックス:042-739-3421

WEBでのお問い合わせ