ようこそ!市長室へ

市長の石阪丈一です。
町田市は、1958年(昭和33年)2月に東京都で9番目の市として誕生しました。当時の人口は6万人でしたが、鉄道などの交通の利便性を背景にした商業の集積や、緑豊かな美しい自然、多くの大学等がある学園都市の一面など、多彩な魅力を持つ都市に成長し、今日では43万人にせまる人口を抱え、更に発展を続けています。
私は2006年3月の就任以来、「すべての世代の方々に生活の質の向上を実感していただく」こと、「市民目線で行政経営改革を進める」ことという2つの志を持って市政運営に取り組んでまいりました。「新公会計制度」の導入、組織や事業の「目的や成果、財務情報」を関連付けて分析し、課題を整理する「町田市課別・事業別行政評価シート」の活用や、子どもたちが自然のなかで体験・挑戦できる「冒険遊び場」の整備などはその一例です。
また、2012年には、目指すべきまちの姿を示す町田市基本計画「まちだ未来づくりプラン」と、その具体的な取組を示す5年間の実行計画「町田市新5ヵ年計画」を策定し、各取組を推進してきました。
そして、2017年には、人口減少・超高齢化やそれに起因する構造的収支不足など、今後顕在化していく諸課題へ真正面から挑戦するべく、「町田市5ヵ年計画17-21」を策定いたしました。
更に2018年2月には、市制60周年という節目を迎えました。これを契機に、現在、市民や事業者の皆様のやってみたかった夢を叶えていく「まちだ〇ごと大作戦18-20」という取組を展開しているところです。この取組を通して、まちの魅力向上や地域の活性化を図るとともに、まちへの愛着・誇りを醸成し、未来に残る新たな価値をつくり上げていきたいと考えております。
町田市が15年後も30年後も選ばれ続けるまちとなるよう、全力で市政運営に取り組んでまいりますので、引き続きご支援、ご協力をお願いいたします。

2020年度の市政運営にあたって

人口減少や少子高齢化がこの先数十年続くと見込まれる中、町田市の合計特殊出生率は、国や多摩26市の平均を下回っている状況です。この現状を変えていくためには、子どもを産み育てたい人たちの希望を叶えられるような環境づくりを更に進めていかなければなりません。
一方、ここ数年、町田市では年少人口の転入超過が続いています。このことは、子育てしやすい環境の整備など、未来を担う子どもたちにやさしいまちづくりを推し進めている成果であると感じています。
子どもたちにやさしいまちは、高齢者や障がい者にもやさしい、みんなにやさしいまちです。様々な社会変化の中にあっても、それらを一つのチャンスと捉えて、誰もが夢を描くことができ、幸せを感じられる“まちだの未来”をつくることができるよう、市政運営に臨んでまいります。