蕗谷虹児

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年5月17日

蕗谷ふきや 虹児こうじ/1898年-1979年/画家・詩人

1989年12月2日生まれ、新潟県新発田町(現・新潟県新発田市)出身。
本名・蕗谷一男。15歳で上京し、尾竹竹坡の内弟子として日本画を学んだ。竹久夢二の紹介で1920年から「少女画報」に挿絵を描き始め、その詩情あふれる繊細な抒情画により、大正から昭和にかけて少女たちに夢を与え絶大な人気を博した。1922年に野口雨情の推薦により初めての詩画集『銀の吹雪』を刊行。その後4年の間に次々と詩画集を発表し、いずれも熱烈な支持を得た。1924年に発表された詩「花嫁人形」は、その後杉山長谷夫の作曲により童謡にもなった。1954年には、アニメーションスタジオ「東映動画スタジオ」設立にも参加。アニメーション映画の監督もつとめた。1979年5月6日、急性心不全のため80年の生涯を閉じた。

主な作品

主な作品の画像

  1. 『二つの幻影』(1923、三徳社)
  2. 『睡蓮の夢』(1924、交蘭社)
  3. 『銀砂の汀』(1924、交蘭社)
  4. 『雫の真珠』(1925、白揚社)
  5. 『花嫁人形』(1967、講談社)

資料写真

居住期間

1954年に転入し、玉川学園に約20年間居住した。

当館との関わり

  • 展覧会
  • ことばの森の住人たち―町田ゆかりの文学者 展
    会期:2010年1月31日から3月28日
  • 開館五周年記念 孤愁の詩人・画家 蕗谷虹児 展
    会期:2011年10月15日から12月18日
  • 刊行物
  • 2011年度展覧会図録『開館五周年記念 孤愁の詩人・画家 蕗谷虹児展』
    (2011年96ページ、有料販売)

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。蕗谷虹児記念館(外部サイト)

注記:掲載している情報につきましては極力調査いたしましたが、お気づきの点がございましたらご連絡ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど

電話:042-739-3420

ファックス:042-739-3421

WEBでのお問い合わせ