手話通訳リレーサービス

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月3日

電話リレーサービスについて

聴覚障害者と聴者を電話リレーサービスセンターにいる通訳オペレーターが、「手話や文字」と「音声」を通訳することにより、電話で即時双方向につなぐサービスです。
公益財団法人日本財団が、制度化を目指して2021年3月までの間、モデルプロジェクトを実施しています。

電話リレーサービスのイメージ図
電話リレーサービスのイメージ図(画像は日本財団ホームページより引用)

利用方法

ご利用には、日本財団のホームページでの登録が必要です。
下記リンク先の「新規利用者募集はこちらから」をクリックし、利用登録を行ってください。

必要な機器

  • お手持ちのパソコン、スマートフォン、タブレット端末

注記:フィーチャーフォンでのご利用はできません。
注記:一部のAndroid端末には対応していない場合がございます。
詳細は日本財団ホームページでご確認ください。

通訳料と通信料について

  • 通訳料は無料です。(日本財団が負担)
  • 通信料は利用者負担となります。

電話料金について

  1. 利用者(聴覚障害者)が電話をかける場合
    通訳オペレーターからかけ先の間の通話料は日本財団が負担します。(利用者は無料)
  2. 利用者(聴覚障害者)が電話を受ける場合(聴者が電話をかける場合)
    聴者から通訳オペレーターの間の通話料は日本財団が負担します。

このページの担当課へのお問い合わせ
地域福祉部 障がい福祉課

電話:042-724-2148

ファックス:050-3101-1653

WEBでのお問い合わせ

日本財団電話リレーサービス・サポートセンター
電話:03-6229-5111 ファクス:03-6229-5599