厚木基地における空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練の中止等を要請【2012年5月22日】

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2012年6月22日

防衛省からの通知

2012年5月22日、防衛省から空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について次のとおり通知がありました。

空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練については、硫黄島において平成24年5月17日に終了したところでありますが、在日米軍から、空母の運用上の都合により、出港が遅れ、その間のパイロットの練度維持のために、厚木海軍飛行場において訓練を実施する旨の連絡がありましたので、お知らせします。

訓練概要

  • 期間:平成24年5月22日~5月24日 9時00分~20時00分
  • 訓練機種:空母ジョージ・ワシントン艦載固定翼機全機種(FA-18E、FA-18F、EA-18G、E-2C、C-2A)

なお、天候又は航空機の整備問題のような予知し得ない状況が生じた場合には、上記の内容を変更する可能性があり、所要の訓練を完了するために、20時以降の飛行を必要とする可能性があります。

町田市の要請行動

厚木基地を離着陸する航空機の騒音については、市民から寄せられる苦情が増加しており、厚木基地での訓練は到底認めることができないことから、今回の通告を受け、同日、神奈川県および周辺8市とともに、厚木基地、横須賀基地、南関東防衛局、外務省へ直接出向き、厚木基地における空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練を行わないよう要請しました。
要請文書及び各関係機関からの回答内容は、下のPDFファイルでご覧いただけます。

各関係機関へ持参した要請文書です。

上記要請を受けた各関係機関からの回答です。

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。防衛省「空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について」(外部サイト)

防衛省のホームページ「空母ジョージ・ワシントン艦載機の着陸訓練について」です。

このページの担当課へのお問い合わせ
政策経営部 企画政策課

電話:042-724-2103

ファックス:050-3085-3082

WEBでのお問い合わせ