このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在地
  1. トップページ の中の
  2. 暮らし の中の
  3. ごみ・環境 の中の
  4. 環境 の中の
  5. みどりと生きもの の中の
  6. イベント の中の
  7. 市民協働による生きもの調査 の中の
  8. 町田生きもの探しキャンペーン開催中!スマホでの生きもの調査にご協力を のページです。
本文ここから

町田生きもの探しキャンペーン開催中!スマホでの生きもの調査にご協力を

更新日:2019年8月16日

スマホでレポート!生きものみーつけた のチラシ

町田市には川の源流や、里山、街などいろいろな環境があり、いろいろな生きものが暮らしています。
市では、市内のどこに、どんな生きものがいるかを調査するため、皆さんから野生の生きものの写真と見つけた場所の情報を集めます。
スマホに、市民通報アプリ「まちピカ町田くん」をダウンロードして、生きもの発見レポートを送ってください。
写真から可能な限り生きものの種類を判別し、メールで返信いたします(最長1か月半程度お時間をいただく場合があります)。
多くの皆さんに、町田の生きものに関心を持っていただくため、送信いただいた写真の一部は、市のホームページ等で紹介します。
8月15日から9月30日はキャンペーン期間です。期間中は、虫と野草の調査対象を拡大して、募集します。この間、素晴らしい報告・調査活動をしていただいた方には記念品をお渡しします。たくさんの報告をお待ちしております。

キャンペーン概要

期間

2019年8月15日(木曜日)から9月30日(月曜日)

参加方法

  1. このページで、調査対象の生きものなど、詳しい内容を確認する。
  2. 市民通報アプリ「まちピカ町田くん」をダウンロードする。
  3. 市内の自然を楽しみながら、対象の生きものを撮影する。
  4. キャンペーン期間中に、アプリを使い、「生きもの発見レポート」の項目から送信する。

写真は、特徴がわかる写真(近くから)と、全体がわかる写真(遠くから)の2枚送信してください。(1枚しか取れなければ、同じものを再添付)
私有地に許可なく立ち入らない、動植物を採取しない、など、マナーを守って調査活動をお願いいたします。

調査対象:市内で見つけた野生の生きもの(ペット、飼育・栽培しているものは対象外)

  • ほ乳類
  • は虫類・両生類
  • 虫のうち次の種類:チョウ、トンボ、セミ、バッタ、カマキリ、タマムシ・ホタル・クワガタなど甲虫類
  • 野草のうち次の種類:ツリガネニンジン、ツルボ、シラヤマギク、ナンテンハギ、オトギリソウ、ミソハギ、ナンバンギセル、キツネノカミソリ、ワレモコウ、ゲンノショウコ、カラスウリ、タマノカンアオイ、ヤマユリ、ノアザミ、ジュウニヒトエ、タンポポ


ほ乳類、鳥、は虫類・両生類、魚は、種類を問わず受け付けます。

選考のポイント

  • 報告件数
  • いろいろな種類の生きものを報告していること
  • いろいろな場所で撮影していること
  • その他、町田の生きものの魅力を示す報告

注記:鮮明で、生きものの判別が可能な写真をいただくことが条件となります。
写真の盗用など、不正があった場合には、選考の対象から外れます。

記念品

  • 特賞:スマホ用ルーペ(5名)
  • 入賞:まちだ名産品500円相当(50名程度)

記念品は、市庁舎でお渡しします。
該当者には、11月中旬までに、アプリで送信いただいた際のメールアドレスにご連絡します。

アプリのダウンロード

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。App Storeからダウンロード(外部サイトへリンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Google Playからダウンロード(外部サイトへリンク)

市民通報アプリ・まちピカ町田くん(旧 道路通報アプリ・みちピカ町田くん)

まちピカ町田くんで いいことふくらむまちだ のロゴマーク

市民通報アプリ「まちピカ町田くん」は、道路、公園、街区表示板の不具合を通報することもできるアプリです。
緊急対応が必要な場合には、各担当課へご連絡ください。
このアプリは、スマートフォン本体の位置情報を使用し、メールから送信するものです。
送信された写真は、市が自由に利用することを許諾したものとします。

  • アプリについてよくある質問

問:対象区域外になって送信できない。
答:市境付近では、送信できない場合があります。お手数ですが、ピンをずらし、コメント欄に位置をずらして送信する旨記載をお願いします。
問:自動返信メールが届かない。
答:お手持ちのスマホの、アプリで使用するメールの設定をご確認ください。

関連情報へのリンク

見よう!ふれよう!感じよう!「まちだ生きもの探しマップ」

町田の生きものや、緑・水辺にふれあえる場所を紹介しています。生きもの探しにご活用ください。

生きもの発見レポートの写真を紹介します!

皆さんからいただいた写真の一部を掲載しています。

調査対象の野草はこちら

ツリガネニンジン

ツルボ

シラヤマギク

シラヤマギクの葉

オトギリソウ

ナンバンギセル

ナンテンハギ

ミソハギ

ワレモコウ(バラ科)<花期8月から10月>日当たりの良い草地に生える。高さ1メートル前後の茎の先に、暗紅色の密集した花が咲く。葉は茎の下に集まり、5から13枚の小さな葉が集まって1枚の葉ができる。

ゲンノショウコ(フウロソウ科)<花期7月から10月>日当たりの良い草地に生える。高さ30センチほど、全体に毛が多く、茎は地をはっている。花弁は5枚で、白色の花が咲く。ごくまれに赤色の花も咲かせる。

ヤマユリ(ユリ科)<花期7月から8月>雑木林のふちに生える。直径20センチをこえる大きな花が横向きに咲く。内側には黄色い帯と赤褐色の斑点がある。

キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)<花期8月から9月>雑木林のふちや土手などに群生。高さ30センチほどの茎の先に、明るいオレンジ色の花が咲く。スイセンに似た葉を伸ばすが、開花時にはない。

カラスウリ(ウリ科):雌雄別株のつる植物。フェンスや木などにからまって生長。夏の夜にレース状の花を咲かせる。花の後、緑色の実には縦に模様が入る。やがて模様は消え、10月から12月に赤く熟す。

タマノカンアオイ(ウマノスズクサ科)<花期3月から4月>雑木林に生える。根元に紫褐色の花をつける。楕円形でつやのある緑色の葉は常緑で、模様の入るものもある。

本事業はみどり東京助成金を受けて実施しています。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 環境・自然共生課
電話:
042-724-4391
FAX:
050-3160-5220

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)