「生きもの発見レポート」募集!スマホでの生きもの調査にご協力を

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年4月6日

machidaikimonojouhou

スマホアプリによる生きもの調査

 町田市には川の源流や、里山、街などいろいろな環境があり、いろいろな生きものが暮らしています。市では、市内のどこに、どんな生きものがいるかを調査するため、野生の生きものの写真と見つけた場所の情報を集めています。2021年4月からは、対象の野草を一つ増やし、皆様のご参加をお待ちしています。
 ご報告いただいた写真の一部は、多くの方に町田の生きものに関心を持っていただくため、市のホームページ、ハスのんインスタグラム、ハスのんツイッター等で紹介します。

生きもの発見レポートを紹介します

皆さんから送っていただいた素敵な写真の新着情報や、2021年1月以降のまとめはこちらのリンクからご覧ください。

「みんなでつくる!まちだ生きものアルバム」を公開しています

2019年4月から12月までの調査報告書はこちらのリンクからご覧ください。

「生きもの発見レポート分布マップ」を公開しています

2019年4月から2020年3月の生きもの発見レポートの位置情報を元に、地域の情報(分布マップ)を作成しました。こちらのリンクからご覧ください。

調査への参加方法

  1. このページで、調査対象の生きものなど、詳しい内容を確認します。
  2. 市民通報アプリ「まちピカ町田くん」をダウンロードします。
  3. 市内の自然を楽しみながら、対象の生きものを撮影します。
  4. アプリを使い、「生きもの発見レポート」の項目から送信します。
  5. 送られたメールアドレスに、レポートを受信したことをお知らせするメールが届きます。「@urban-g.co.jp」のドメインで返信しますので、メールが届かない場合は、スマートフォンのメール設定をご確認ください。
  6. 写真から可能な限り生きものの種類を判別し、メールで返信いたします(判別に1~2か月程度お時間をいただくことがあります)。「@city.machida.tokyo.jp」のドメインで返信しますので、メールが届かない場合は、スマートフォンのメール設定をご確認ください。

対象:市内で見つけた野生の生きもの(ペット、飼育・栽培しているものは対象外)

  • ほ乳類
  • は虫類
  • 両生類
  • 虫のうち次のなかま:チョウ、トンボ、セミ、カメムシ、ホタル、タマムシ、カブトムシ、クワガタ、バッタ
  • 野草のうち次の種類:タンポポ、ジュウニヒトエ、ノアザミ、ヤマユリ、キツネノカミソリ、ゲンノショウコ、ワレモコウ、ツリガネニンジン、カラスウリ、タマノカンアオイ

調査対象の野草(花壇や植物園などの栽培下にあるものは対象外)

タンポポ(キク科)は総苞片(そうほうへん)というがくのような部分で細かく見分けます。

写真の撮り方

写真は「特徴が分かる写真」と「全体がわかる写真」の2枚投稿してください。一枚しか撮れなければ、同じものを再添付してください。撮影にあたって、私有地に無断で入らない、生きものを採取しないなどマナーを守りましょう。

写真は、特徴がわかる写真(近くから)と、全体がわかる写真(遠くから)の2枚撮影してください。(1枚しか取れなければ、同じものを再添付)

市民通報アプリ「まちピカ町田くん」

市民通報アプリ「まちピカ町田くん」は、道路、公園、街区表示板の不具合を通報することもできるアプリです。
緊急対応が必要な場合には、各担当課へご連絡ください。
このアプリは、スマートフォン本体の位置情報を使用し、メールから送信するものです。
送信された写真は、市が自由に利用することを許諾したものとします。

  • アプリについてよくある質問

問:自動返信メールが届かない。
答:お手持ちのスマホの、アプリで使用するメールの設定をご確認ください。

関連情報

ハスのんインスタグラムやハスのんツイッターについては、こちらをご覧ください

本事業はみどり東京助成金を受けて実施しています。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境・自然共生課

電話:042-724-4391

ファックス:050-3160-5220

WEBでのお問い合わせ