このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

町田市の自然環境と生きものたち

更新日:2020年2月20日

町田生きもの情報ヘッダー

町田市の自然環境と生きものたち

町田市の自然環境と生きものたち

町田市は、約43万人が暮らすベッドタウンであり、住宅地が多くの面積を占めています。
市内には鶴見川や境川の源流があり、北部丘陵や三輪などの谷戸・里山環境には、田んぼや雑木林をすみかとする生きものたちが、たくさん生息しています。一方、市街地の中にも公園や身近な水辺があり、様々な市民団体が活動しています。
市では、将来にわたって生きものとともに人々が豊かに暮らしていくことができる町田を目指し、生物多様性地域戦略として「町田生きもの共生プラン」を2014年度に策定しました。

「生物多様性」とは?

生態系の多様性、種の多様性、遺伝子の多様性

生物多様性には、「種」「生態系」「遺伝子」の三種類があります。様々な生きものが生育・生息していることを「種」の多様性と言いますが、それ以外にも、山や谷戸地形、川やまちなかの緑など、いろいろなタイプの自然環境が存在することを「生態系」の多様性、一種類の生きもの(たとえばアマガエル)でも、色や大きさに個体差があることを「遺伝子」の多様性といいます。
一見都会に見える町田市にも、様々な生きものたちが、この3つの多様性のバランスの中で自分たちにあったすみかをみつけて、暮らしています。

町田の生きもの情報まとめ

「町田生きもの共生プラン」の取り組みのひとつとして、このページでは町田の生きものたちやそのすみか、そういった環境を守っている人々、イベント等へのページのリンクをまとめています。
気になる情報をチェックしてみてくださいね。

生きもの調査の結果や環境の特徴を知る

見よう!ふれよう!感じよう!「まちだ生きもの探しマップ」

市民協働による生きもの調査

2012-2013年度生物相調査

町田市の自然を育む「湧水」を知ろう!!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外来種について

市民・団体・事業者の取り組みを知る

「生きものやそのすみかを守る活動」を紹介しませんか?

市内活動団体・取り組み紹介

市内事業者の取り組み紹介

生物多様性への配慮に取り組もうとする事業者の方へ

ビオトープ(生きもののすみか)作りをしたい

お家で自然観察しませんか?

学校のビオトープで出前授業を行っています

地域の生きものがいる風景(ビオトープ)の写真を紹介します

環境学習イベントや「町田生きもの共生フォーラム」に参加する

講座・フォーラム

豊かな自然を観察する

忠生公園

かしの木山自然公園

北部丘陵歳時記

里山写真館

大地沢だより

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小山内裏公園(東京都公園協会)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小山田緑地(東京都公園協会)

東京都や環境省からの情報発信を見る

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。TOKYO環境学習ひろば(東京都)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。生物多様性センター(環境省自然環境局)

町田生きもの共生プランを読む

「町田生きもの共生プラン-生物多様性 はじめの一歩」

町田市の生物多様性保全のための計画を定めています。

将来 2050年の将来像

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 環境・自然共生課
電話:
042-724-4391
FAX:
050-3160-5220

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)