多摩丘陵の自然をまもる市民の会

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年7月28日

自己紹介

私たちの会は当時の大規模な宅地開発を背景に「多摩丘陵の豊かな自然を守り次代に継承したい」という思いで1971年に発足しました。
活動拠点は雑木林、湿生地や広場が広がる自然豊かな公園です。早春にはヤブザクラ、カタクリが、夏にはキツネノカミソリが一斉に咲きそろいます。特にシュートで増殖する貴重なヤブザクラの自生地は学術的な価値も高く、観察記録をとるなど次代につなげる努力をしています。
この活動に賛同される方は是非ご連絡ください。

活動フィールド

町田市立小山田端自然公園

活動内容

  1. カタクリの開花時期及び活動日の自然保護エリアの公開
  2. ヤブザクラ、カタクリ、キンランやユリ等の観察と調査・記録
  3. 植生管理による貴重種の保全、篠刈り、枯れ木除去、落ち葉掃き、標高水位の測定など
  4. 会報「一輪草」の発刊。年4回
  5. 大戸緑地、図師小野路、三輪等の観察会など
  6. 〇ごと大作戦「ナラ枯れ・カシナガ捕獲大作戦」に参加

活動の様子

活動日・時間

  • 毎月第2土曜日、第4日曜日の午前9時30分から午後3時
  • 会は草木や生き物が好きな人、山仕事をしたい人、自然の写真を撮りたい人、自然を楽しみたい人など十人十色です。誰でも参加大歓迎です。気軽にお越しください。

イベント情報

  • カタクリ等の開花時期に合わせて自然の恵みや楽しさを伝えるためにフェンスで囲った自然保護エリアの公開
  • 会報誌の発刊(「一輪草」年4回、「ここだけの図鑑」2019年発刊)

年会費

1000円

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境・自然共生課

電話:042-724-4391

ファックス:050-3160-5220

WEBでのお問い合わせ