工場の認可

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月20日

工場を設置(変更)するには

東京都環境確保条例に基づき、市内で一定規模以上の工場を設置しようとするとき、あるいは、既に設置している工場の業種、作業の種類及び方法、建物・施設の構造及び配置、公害防止の方法を変更するときは、あらかじめ「認可」を受ける必要があります。
工場の設置予定がある、または変更をされる場合は、
事前に環境保全課規制指導係へご相談ください。

工場認可申請から操業開始まで

計画(相談)認可申請手数料納付受理書交付審査認可(認可書交付)工事開始工事完成工事完成届工場立入検査認定(認定書交付)工場操業開始

規制基準

工場は、条例に定める規制基準(規制基準を定めていないものについては、人の健康又は生活環境に障害を及ぼすおそれのない程度)を超えるばい煙、粉じん、有害ガス、汚水、騒音、振動及び悪臭を発生させてはいけません。

規制基準の内容は東京都環境局のホームページからご覧ください。

(別表第7)工場及び指定作業場に適用する規制基準(条例第68条関係)

届出に必要な書類

届出様式、その他資料を作成し、代表者印を押印のうえ正副2部ご提出ください。このうち1部は、認可書と一緒に事業者控としてお返しします。

  • 届出様式は市役所環境保全課で配布しています。また、東京都環境局のホームページからダウンロードすることもできます。ダウンロードした申請書を使用する場合は、あて先を「町田市長」にしてください。

届出様式

リンク先ページ中段(第7号様式)

その他

  • 周囲の案内図、敷地内の建物配置図
  • 建物の構造図(平面、立面等)
  • 設備機械の配置図
  • その他、機械カタログ等の必要な書類など
  • 有害物質及び有害ガス等の取扱いに関する報告書(両面印刷をご利用ください)

認可手数料

工場認可手数料
  規模(作業場面積) 金額(円)
設置 500平方メートル以下 8,700
500平方メートルを超え
1000平方メートル以下
14,200
1000平方メートルを超えるもの 20,200
変更 1件につき 7,600

その他の届出

工場の届出をした後、次のような変更があった場合には、30日以内に該当する届出を行ってください。

  • 工場の名称、代表者を変更したとき

→氏名等変更届(条例第13号様式)

  • 工場を譲り受け又は借り受けたとき

→承継届(条例第15号様式)

  • 工場を廃止したとき

→廃止届(条例第14号様式)

なお、有害物質取扱事業者が工場を廃止し、または主要な施設等を除去するときは、敷地内の土壌汚染状況を調査し、結果を届け出なければなりません。

  • 特定有害物質取扱い状況等報告書(両面印刷をご利用ください)

軽微な変更の報告

その他、上記の届出に該当しない軽微な変更があった場合には、事前に環境保全課規制指導係へご相談のうえ、以下の報告書をご提出ください。

  • 工場の軽微な変更報告書(両面印刷をご利用ください)

関連情報

開発許可や建築確認等が必要な場合があります。事前に都市づくり部にご相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。工場・事業場等に対する騒音・振動の規制(東京都環境局ホームページ)(外部サイト)

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境保全課

電話:042-724-2711

ファックス:050-3160-5478

WEBでのお問い合わせ