災害時協力井戸について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年8月1日

町田市では、災害時に水を確保する方法のひとつとして、井戸を所有している方に災害時にその井戸を近隣の方に使用させていただくよう「災害時協力井戸」の指定を勧めています。

主な協力内容

(1)使用は災害時のみです。
(2)井戸の所在地と所有者名は個人情報公開に細心の注意をはらったうえで、町田市の「ぼうさいマップ」または、「ホームページ」上で公表します。
(3)飲料に適さない場合でも生活用水として活用を考えています。
(4)目印の標示柱(高さ1.5メートル)を井戸周辺もしくは敷地内に設置いたします。
(5)2年に1回程度、市で水質調査をします。

登録までの流れ

(1)「災害時における井戸水の給水協力に関する協定書」をお読みください。(下部にPDFファイルで掲載してあります。)
(2)災害時協力井戸の調査を行いますので、防災課にご連絡ください。
(3)調査の際に「設置時期・井戸の深さ・使用目的(飲料・生活用水・散水等)・使用状況・月使用量・くみ上げ動力・電源・検査の有無・飲料の適、不適」を確認します。
(4)災害時協力井戸として適していれば、「災害時における井戸水の給水協力に関する協定書」に記名・押印を頂きます。
(5)協定を取り交わした後、井戸の所在を示すポールを設置します。
(6)2年に1回程度、水質検査基本11項目について、水道法水質基準に基づいた検査を実施しています。なお、この検査は、生活用水としての基準であり、飲料水としての基準を確認するものではありません。

協力井戸の所在

町田市ぼうさいマップ 

災害時協力井戸の所在については、上記リンク先のぼうさいマップを参照してください。

関連ファイル

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部防災課

電話:042-724-2107

ファックス:050-3085-6519

WEBでのお問い合わせ