まちだ防災カレッジ

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年6月27日

近年、日常生活を脅かす大規模災害が急増しており、発災時において「自助」「共助」の重要性が高まっています。災害から命を守ることを目的とし、2022年度から新たなリーダー育成事業として「まちだ防災カレッジ」と称し、誰しもが防災リーダーとして活躍できるよう様々な講座を実施します。

「まなぶ」と「とりくむ」

「まちだ防災カレッジ」では、「まなぶ」講座と「とりくむ」講座の2つをベースとします。
「まなぶ」講座では、防災に関する基礎的な知識を学習します。これまで、各分野や部門で開催されていた防災に関する事業の紐づけを行い、

「とりくむ」講座では、地域の自主防災組織や企業、大学が連携しながら、地域の課題を抽出し、発災時の被害を最小限にすることを目指します。
そのファーストステップとして、町田市の将来を担う子ども世代への防災教育を実施します。

「町田市内で〇〇な防災イベントをしてほしい」や「〇月に防災イベントがあるので周知してほしい」など、防災に関わる情報を集めています。

「まなぶ」講座

ピックアップ!講演会「3.11を学びに帰る~三市合同防災講演~」

  • 会場
    ZOOMによるバーチャルweb開催
  • 開催日
    2022年7月23日(土曜日)午前10時から午後0時30分まで
  • 講師
    佐藤敏郎氏(一般社団法人スマートサプライビジョン)
    【講師紹介】
    元女川第一中学校教諭で、震災で当時大川小学校6年生の次女を亡くされました。2013年末に「小さな命の意味を考える会」を立ち上げ、全国で当時の悲劇が二度と繰り返されないよう、悲劇を未然に防ぐための防災対策を伝えるために講演活動を行っています。

ピックアップ!東京マイ・タイムラインセミナー開催

東京では、早くも梅雨が明け、夏本番の暑さが続いています。夏は、大雨の頻度が多く、事前に準備をしておくことが大切です。

  • 会場
    町田市役所3階会議室3-1
  • 初級者コース(60分)
    「マイ・タイムラインってそもそも何だろう?」と年齢や世代を問わず、ワークを通じてイチから学ぶ方向けです。
    第1回:8月5日(金曜日)午前10時から11時
    第2回:8月29日(月曜日)午前10時から11時
    第3回:8月30日(火曜日)午後1時30分から2時30分
    第4回:8月31日(水曜日)午後2時から3時
    第5回:9月12日(月曜日)午後2時から3時
  • 中・上級者コース(100分)自主防災組織の班長やリーダーなど防災担当者等、適切な避難行動を周囲の人々に教える方など向けです。
    第1回:7月15日(金曜日)午後3時30分から5時30分
    第2回:8月5日(金曜日)午後2時から4時
    第3回:8月29日(月曜日)午後2時から4時
    第4回:8月30日(火曜日)午後3時から5時
    第5回:8月31日(水曜日)午前10時から正午
    第6回:9月12日(月曜日)午前10時から正午

東京マイ・タイムラインセミナーへの参加はこちらからお申し込みください。

講習会・講座

セミナーや講座情報を随時掲載します。

講座、セミナー一覧
講座・セミナー 内容 申込、実施時期
防災啓発中央研修会(前期) 社会、経済環境の多様化に伴う災害要因の複雑化、被害の増大傾向に対応し、消防防災関係者等に対して広く防災に関する知識の普及に努め、地域の防災力の向上を図ることを目的とします。
主催:一般財団法人 消防防災科学センター
開催:6月30日(木曜日)(午後1時から4時30分まで)
申込期間:5月16(月曜日)から6月29日(水曜日)まで
東京防災セミナー(第2期) 自治会やマンション管理組合など地域コミュニティの防災力向上を目指し、様々なテーマについて防災専門家によるセミナーを開催できます。
主催:東京都
申込期間:5月17日(火曜日)から8月8日(月曜日)まで
実施時期:10月1日(土曜日)以降
パパママ東京ぼうさい出前教室(後期) 子育て世代のグループが気軽に災害から子どもを守るための防災知識や備えを学ぶことができるよう、東京都が防災の専門家を派遣します(前期と同様の内容です)。
主催:東京都

注記:前期のお申し込みは終了しました
申込期間:8月1日(月曜日)から9月30日(金曜日)
実施時期:10月17日(月曜日)から2023年3月5日(日曜日)まで
東京防災セミナー(第3期) 自治会やマンション管理組合など地域コミュニティの防災力向上を目指し、様々なテーマについて防災専門家によるセミナーを開催できます(第2期と同内容です)。
主催:東京都
申込期間:8月9日(火曜日)から10月31日(月曜日)まで
実施時期:2023年1月6日(金曜日)以降
マイ・タイムライン作成セミナー(初級者向け) 初学者が、それぞれの状況にあった適切な避難行動を考え、マイ・タイムラインとしてまとめられるようになること。

内容:マイタイムラインの作成や風水害VR体験
対象:町田市在住、在勤、在学
募集人数:各回30名まで(先着順)
共催:東京都
実施日時:
第1回:8月5日(金曜日)午前10時から11時
第2回:8月29日(月曜日)午前10時から11時
第3回:8月30日(火曜日)午後1時30分から2時30分
第4回:8月31日(水曜日)午後2時から3時
第5回:9月12日(月曜日)午後2時から3時
新規ウインドウで開きます。セミナー申込フォームにてお申込みください。
マイ・タイムライン作成指導者育成セミナー(中・上級者向け) 地域や家族、企業等の実情にあった適切な避難行動を周囲の人々に教えることができ、その成果をマイ・タイムラインとしてまとめられるように指導できること。

内容:地域の風水害リスクを知り、マイタイムラインの作成ポイントの確認や風水害VR体験
対象:町田市在住、在勤、在学
募集人数:各回30名まで(先着順)
共催:東京都
実施日時:
第1回:7月15日(金曜日)午後3時30分から5時30分
第2回:8月5日(金曜日)午後2時から4時
第3回:8月29日(月曜日)午後2時から4時
第4回:8月30日(火曜日)午後3時から5時
第5回:8月31日(水曜日)午前10時から正午
第6回:9月12日(月曜日)午前10時から正午
新規ウインドウで開きます。セミナー申込フォームにてお申込みください。
高齢者向けスマートフォン体験会 2時間の講義&演習+1時間の質疑応答で構成されます。楽しみながら、スマートフォンや各種アプリの活用を体験できる教室形式の体験会です。
スマホの貸出もございます。防災情報もデジタルが増えてきておりますのでご利用ください。

主催:東京都
市の窓口:生涯学習センター
実施:2022年11月までの第1・3月曜日に開催

申込み、問合せ:東京都スマートフォン普及啓発事業事務局(電話:03-5348-2735)
新規ウインドウで開きます。スマホ教室 デジタル技術を活用したサービスの利用を支援します。講座では、マンツーマン形式で、スマートフォンの基本操作、メールの送受信、インターネット検索など初歩的な操作をお教えします。

会場:町田市生涯学習センター
実施:2022年度中の第1・3土曜日、第2・4火曜日
午前9時30分から午後0時20分

申込み:電話(電話:042-728-0071)または町田市生涯学習センター窓口

更新日時点での情報となります。
主催が町田市以外の場合は、リンク先のお問い合わせ先にご確認ください。

WEBコンテンツ

コンテンツ一覧
サイト名等 主な掲載内容
東京消防庁電子学習室 防火、防災、救急など、消防に関する知識を深めていただくことを目的に提供しています。カテゴリーごとに学ぶことができるので、自己学習や事業所での訓練などにご活用いただけます。
水道キャラバン 災害時給水ステーションについて学ぶことができます。また、学校向け、子育て層向け、一般向けと各ターゲットごとに水道について学ぶことができます。
災害への備え 警視庁警備部災害対策課の公式アカウントです。大規模災害に関する情報や防災に関するイベント情報などを発信しています。
東京都防災アプリ いつも・いざというときにも役に立つ、東京都の防災アプリで、以下の主要機能があります。
・防災ブックの閲覧
・東京マイ・タイムライン
・防災マップ、雨雲レーダー
・災害情報
事業所防災リーダー 職場で対策を推進していただくための防災リーダー制度を東京都が新たに創設しました。主に以下のコンテンツがあります。
・従業員の安全確保
・一斉帰宅の抑制
・帰宅困難者対策
・BCPの確認
防災教育に使える副教材・副読本ポータル 講習などを開催する際の資料などを掲載しています。以下のコンテンツがあります。
・防災全般(ポータルサイト等)
・地震対策
・火山対策
・大雨対策
新規ウインドウで開きます。下水道PR動画(町田市) ・「水のう」の作り方
・マンホールトイレの組立て方と使い方
・段ボールトイレの作り方

町田市内で実施される防災に関するイベントや事業の情報を収集しております。
掲載希望の方や団体様は、お気軽にご連絡ください。
また、新たな講座やアイデアなども同時に募集しております。

「とりくむ」講座

2022年から2026年までの5年をかけて、町田市内全域で防災教育を実施します。
地域で活動する自主防災組織や町田市消防団が講師となり、将来を担う子ども世代へ「命を守ること」について伝えます。防災教育を行い、地域でのつながりを創出し、地域特性に応じた防災・減災を目指します。

スケジュール

  1. 年度当初(4月から5月まで):小中学校に対して要望調査を実施します。
  2. 6月頃から:実施日や内容、講師について、事前打ち合わせを行います。
  3. 年度後半(9月頃から):打合せ内容をもとに、防災教育を実施していきます。

実施内容例は以下のとおりです。

  • 防災ノートを活用したい
  • 身近な地域の防災について知りたい
  • ハザードマップを確認したい、作りたい
  • 起震車を体験したい
  • 避難施設での生活について知りたい、体験したい
  • 日常備蓄について学びたい
  • 応急処置などの救急方法について知りたい
  • 放水体験をしたい

まちだ防災カレッジ通信

発行するまちだ防災カレッジ通信を掲載していきます。

まちだ防災カレッジ

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部 防災課

電話:042-724-2107

ファックス:050-3085-6519

WEBでのお問い合わせ