特殊詐欺(振り込め詐欺)の手口と対策

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年11月12日

特殊詐欺とは、犯人が電話やハガキ(封書)等で親族や公共機関の職員等を名乗って信じ込ませ、現金やキャッシュカードをだまし取ったり、隙を見てキャッシュカード等をすり替えて盗み取る詐欺盗(窃盗)などのことです。
このページでは、特殊詐欺の最近の傾向や手口・対策方法を紹介します。
自分を過信せず、不審なことがあれば、家族など周囲の人に相談してください。

学生と連携して製作! 交通安全・防犯啓発紙「みんなで覚える! まちだ安全だより」を発行しました!(2022年10月15日更新)

町田・相模原地域の学生が地域の活性化等の活動を企画・実施していく学生主導型体験プロジェクト「さがまち学生Club」と連携し、交通安全・防犯啓発紙「みんなで覚える!まちだ安全だより」を発行しました。
2022年10月15日の新聞折込を皮切りに、市内の各施設やイベント等で配布します。
この啓発紙は、交通安全や特殊詐欺に関する情報とその対策方法について、高齢者世代に向けたメッセージ形式で伝える啓発紙となっています。
孫世代に当たる学生の視点から、交通安全・防犯の大切さを高齢者世代にどのように訴求するか考えてもらい、学生のアイディアやデザインを大切にしながら製作しました。
啓発紙をご覧いただき、交通ルールや特殊詐欺対策について知識を深めてみませんか。

「みんなで覚える!まちだ安全だより」PDF版ダウンロード

配布場所

関連リンク

「さがまち学生Club」についての詳細はこちらをご覧ください。

国税庁を名乗る不審なメールにご注意ください(2022年8月25日更新)

国税庁を名乗る不審なショートメッセージ(SMS)やメールを受信したという問い合わせが寄せられています。
メール等に記載されたアドレスにアクセスしないでください。アクセスすると、フィッシング詐欺やウイルス感染などの被害に遭う可能性があります。

詳細はこちらをご覧ください。

最近の特殊詐欺(振り込め詐欺)の傾向

こんな言葉には注意しよう!

  • 電話で、「町田市役所の○○課です。還付金があるので手続きが必要です。(還付金に関する)書類が届いていませんか」などと言われる。
  • 携帯電話に、「利用料金の確認が取れていないので○○まで連絡してください」「連絡がない場合、法的手続きに移行します」などのメールやショートメールが届く。
  • パソコンでホームページを閲覧していたところ、「あなたのパソコンはウイルスに感染しています。至急、下記サポート窓口まで連絡してください」という内容の画面が表示される。
  • 電話で、「 カードが不正に利用されています。カードの暗証番号を教えてください」などと言われる。

具体例

  • 市役所職員を名乗る者から「還付金の書類を送ったが届いていますか」「締め切りが過ぎているので、手続きをしてください」などと電話があり、ATMに誘導され、指示に従いATMを操作することで口座預金額をだまし取られた。
  • 携帯電話に、「利用料金の確認が取れていないので○○まで連絡してください」「連絡がない場合、法的手続きに移行します」などのメールやショートメールが届いた。メールに書かれた連絡先に電話したところ、電子マネーで利用料を請求され、だましとられた。
  • ホームページを閲覧中、「あなたのパソコンはウイルスに感染しています。至急サポートセンターまで連絡してください。電話番号は○○○です。」という内容の画面が表示された。表示された連絡先に電話すると、有償サポート契約が必要と言われ、契約料を請求され、だましとられた。
  • 警察官を名乗る者から、「犯人を捕まえたらあなたのカードを持っていた」「カードを取りに行くので準備してほしい」などと電話があり、自宅に来た者に「封印するのに印鑑が必要である」と言われ、目を離した隙にカードをすり替えられ、だまし取られた。

手口の説明

被害にあわないための対策

  • 自宅の電話は、在宅中でも留守番電話に設定し、知らない電話には出ないようにしてください。
  • 迷惑防止機能付き電話機は特殊詐欺被害防止に有効です。この電話機には、通話内容を録音する、迷惑電話を警告したり自動的にブロックする、警告メッセージが流れる等の機能が付いています。全国防犯協会連合会ホームページで全国防犯協会連合会が推奨する優良防犯電話を紹介していますので、購入の際に参考にしてください。
  • 電話などで、預貯金額や家族構成など、個人情報は話さないようにしてください。
  • キャッシュカードやカードを取りに伺うと言われたら、すぐに110番通報してください。
  • 見覚えのない番号からの電話で、携帯電話などの番号が変わったと言われたら、一度電話を切り、前の番号にかけなおしてください。
  • 家族内で事前に合言葉を決めておき、電話の時など確認をしてください。
  • メールやパソコンの画面上に表示されたアドレスへのアクセスや電話番号への連絡はしないでください。
問合せ先
内容名称電話番号
国税(所得税や相続税等)について町田税務署電話:042-728-7211
市税(住民税や国民健康保険税等)について財務部納税課収納係電話:042-724-2121
国民年金についていきいき生活部保険年金課国民年金係電話:042-724-2127
後期高齢者医療制度についていきいき生活部保険年金課高齢者医療係電話:042-724-2144
国民健康保険についていきいき生活部保険年金課保険給付係電話:042-724-2130

「オレオレ詐欺」

親族、警察官、弁護士等を名乗って「現金(違約金・示談金など)が必要である」などと電話をかけ、現金を受け取りに来たり、振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺のことです。

主な手口

息子を名乗る者から「携帯電話が壊れたから、新しい番号を登録して欲しい。」などと事前に連絡がある。その後、「会社のお金を使い込んでしまい、今日中にお金を用意しないと会社をクビになる。」や「事故を起こしてしまった。示談金を払えば逮捕されないから、お金を用意してほしい。」などと連絡があり、現金を受け取りに来たり、または現金を振り込ませてだまし取られた。

問合せ先

町田警察署犯罪抑止対策本部
電話:042-722-0110
南大沢警察署犯罪抑止対策本部
電話:042-653-0110

「還付金詐欺」

市役所やその他公共機関の職員を名乗って電話をかけ、税金や医療費等の還付金手続きなどと偽り、言葉巧みにATM機に誘い出して操作させ、被害者の口座から、犯人の口座へお金を振り込ませてだまし取る詐欺のことです。

主な手口

  • 市役所職員を装う手口
市役所職員を名乗る者から「年金の過払いについて還付金がある。今日中に手続きが必要である。」や「医療費の還付金がある。封書を送付したが、無ければこの電話で手続きできる。」などと電話があり、銀行の無人ATMに誘い出され、指示どおりに操作することで口座預金額をだまし取られた。
問合せ先
内容名称電話番号
国税(所得税や相続税等)について町田税務署電話:042-728-7211
市税(住民税や国民健康保険税等)について財務部納税課収納係電話:042-724-2121
国民年金についていきいき生活部保険年金課国民年金係電話:042-724-2127
後期高齢者医療制度についていきいき生活部保険年金課高齢医療係電話:042-724-2144
国民健康保険についていきいき生活部保険年金課保険給付係電話:042-724-2130
介護保険料についていきいき生活部介護保険課保険料係電話:042-724-4364

「キャッシュカード詐欺盗」

警察官や銀行協会、大手百貨店等の職員を名乗り「キャッシュカードが不正に利用されている」などと電話をかけ、キャッシュカードを準備させ、自宅などに伺い、隙を見てキャッシュカードをすり替えだまし取る詐欺のことです。

主な手口

警察官(金融機関職員)を名乗る者から「あなたのキャッシュカード情報が盗まれている。カードを確認するために自宅へ伺う。」などと連絡があり、自宅に来た者に「キャッシュカードを封印するのに印鑑が必要である。」などと指示され、その場から離れた隙にカードをすり替えられだまし取られた。

問合せ先

町田警察署犯罪抑止対策本部
電話:042-722-0110
南大沢警察署犯罪抑止対策本部
電話:042-653-0110

「架空請求詐欺」

郵便やパソコンなどのメール等を利用して、不特定多数の者に対して架空の事実を口実とした料金を請求する文書などを送付し、現金や電子マネーを振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺のことです。

主な手口

  • メールでの請求手口
    携帯電話などで「有料コンテンツの利用料・登録料が未払いである。手続きには、窓口への連絡が必要。」などというメールを受信し、指定された連絡先に電話をすると、解約料や未払金としてお金や電子マネーの振り込みを請求され、だまし取られた。
  • パソコンでの請求手口
    ホームページを閲覧中、「あなたのパソコンはウイルスに感染しています。至急サポートセンターまで連絡してください。電話番号は○○○です。」という内容の画面が表示された。表示された連絡先に電話すると、ウイルス対策のための有償サポート契約が必要と言われ、クレジットカードや電子マネーでの振り込みを請求され、だましとられた。
    この手口は「サポート詐欺」とも呼ばれます。
  • 文書での請求手口
    裁判所などの公的機関の記載がある「訴訟最終告知のお知らせ。○月○日までに連絡なき場合は、訴訟に移行する。取り下げ請求には連絡先への連絡が必要。」という内容の葉書や文書が届き、指定された連絡先に連絡すると、訴訟取り下げ費用として現金を振り込みを請求され、だまし取られた。

問合せ先

市民部市民協働推進課消費生活センター相談室
電話:042-722-0001

新型コロナウイルス感染症に関連した詐欺

新型コロナワクチンの接種に便乗した詐欺行為などにご注意ください

不審な電話やメールがありましたら、すぐに110番、または、最寄りの警察署に相談してください。

「新型コロナワクチン接種に予約金が必要」 これは詐欺です!

市役所職員や保健所職員と名乗る者から、「新型コロナウイルスワクチンの接種のために予約金が必要です。」と言って金銭をだまし取ろうとする電話がかかってきています。

  • ワクチン接種は無料です。予約金などはかかりません。
  • 市役所が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話やメールで求めることはありません。

身に覚えのない新型コロナワクチン接種予約のメール これは偽メールです!

新型コロナワクチンの接種予約を装ったメールやショートメッセージ(SMS)が携帯電話やスマートフォンに届き、個人情報をだまし取ろうとする事例が報告されています。

  • メールやショートメッセージに書かれたアドレスにアクセスしたり、アプリをダウンロードしたりしないでください。

関連情報

新型コロナワクチンの接種予約についてはこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する給付金詐欺にご注意ください

「コロナの給付金があります。」 これは詐欺です!

新型コロナウイルス感染症に関する給付金に便乗した詐欺被害が都内で発生しています。不審な電話がありましたら、すぐに110番、または、最寄りの警察署に相談してください。

  • 市役所や総務省などが、ATMの操作をお願いすることはありません。
  • 市役所や総務省などが、給付金の受給のために手数料の振り込みを求めることはありません。
  • 市役所や総務省などが、給付金の受給のために個人情報を電話やメールで問い合わせることはありません。

関連情報

関連リンク

市内の「不審者・犯罪者情報」、「防災情報」、「子育て情報」などをメール配信しています。
詳細はこちらのページをご覧ください。

特殊詐欺犯人の音声データなど、特殊詐欺について警視庁からの情報が確認できます。
防犯アプリ(DigiPolice)や防犯情報メール(メールけいしちょう)などの登録もこちらから確認できます。

悪質商法や架空請求など、消費生活に関するトラブルについて、手口などを紹介しています。

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部 市民生活安全課

電話:042-724-4003

ファックス:050-3160-8039

WEBでのお問い合わせ