金属製容器(水筒、やかんなど)に飲み物を入れるときの注意点

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月22日

金属製の水筒、やかんなどは、キズがついていたり、酸性飲料(炭酸飲料、果汁飲料、スポーツ飲料など)を長時間保管するなどの誤った方法で使用したりすると、金属成分が飲み物中に多くとけ出し、思わぬ事故につながることがあります。
今般、古くなった金属製のやかんに、粉末清涼飲料をとかして保管したものを飲んだところ、とけ出した銅により食中毒が発生しました。
金属製容器に飲み物を入れるときは、取扱い説明書をよく確認し、正しく使用することが重要です。次のポイントに注意しましょう。

  • 金属製容器の内部にサビやキズがないか確認すること
  • 酸性飲料を長時間、金属製容器に保管しないこと
  • 古くなった容器は、定期的に新しいものに交換すること
  • 容器の注意喚起表示や飲料の食品表示などに注意すること

参考

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所生活衛生課

電話:042-722-7254

ファックス:042-722-3249

WEBでのお問い合わせ