一般社団法人Dフレンズ町田と「認知症とともに生きるまちづくりに関する連携協定」を締結しました

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年10月1日

町田市は、認知症の人を中心として共に生きる全ての人が自分らしく希望をもって活躍することができる「認知症とともに生きるまち」の実現に取り組んでいます。この度、まちづくりの取組を推進するため、9月21日に一般社団法人Dフレンズ町田と、「認知症とともに生きるまちづくりに関する連携協定」を締結しました。

一般社団法人Dフレンズ町田は、認知症の人の居場所や活動の場の創出に関する独自の取組を実施している団体です。

今後は連携して、認知症の人やその家族と地域住民が共に活躍できる機会の創出や、若年性認知症の人やその家族の支援体制の構築に取り組みます。

協定締結式 (左) 一般社団法人Dフレンズ町田 代表理事 松本 礼子 氏  (右) 石阪 丈一市長

認知症とともに生きるまちづくりに関する連携協定

締結日

2021年9月21日

締結先

一般社団法人Dフレンズ町田

主な協定内容

以下の取り組みについて相互に連携して進めていきます。

  • 認知症の人やその家族と地域住民が共に活躍できる機会の創出
  • 若年性認知症の人やその家族の支援体制の構築

町田市内の認知症に関する取り組みはこちら

このページの担当課へのお問い合わせ
いきいき生活部 高齢者福祉課

電話:042-724-2140

ファックス:050-3101-6180

WEBでのお問い合わせ