このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

健康寿命を延ばそう!フレイルチェック会

更新日:2019年10月10日

最近つまずくようになってきた・・・出かける機会が減った・・・
もしかして、あなたはフレイルかも?!

フレイルチェック会では、そんな方に向けて
「運動」・「栄養」・「口腔」・「地域活動」の面から状態を確認し、
チェックの後は元気を取り戻すためのおすすめの取り組みについて学べます!

  • フレイルチェック会の内容
  1. フレイルチェック表(15の質問)によるリスク度の判定
  2. 体力テスト
  3. ミニ講座(「運動」・「栄養」・「口腔」・「地域活動」講座にてフレイル予防に有効な取り組みを紹介します。)

注記:2019年度フレイルチェック会は終了しました。

フレイルとは?

年齢とともに筋力や認知機能が低下し生活機能障害などの危険性が高まった状態を指します。
健康的な状態と要介護の中間的な状態で、この状態になると、
身体の機能が低下するために骨折など「ちょっとしたこと」をきっかけに、身の回りのことができなくなっしまいます。
多くの高齢の方は、このフレイルの段階を経て、要介護状態になると考えられていますが、
フレイルの状態になったとしても、予防を行うことにより、健康な状態に戻ることができます。
早めの「気づき」が大事です!

フレイルの段階を経て、要介護状態になることを表した画像

フレイル予防のためにできることは?

フレイル予防の画像

フレイルの予防には、栄養・運動・社会参加が重要な柱となります。
「いろいろな食品をバランスよく食べ、よく体を動かし、地域や社会との関わりをもつこと」を日頃から意識することにより、フレイルを予防することができます。フレイル状態になったとしても、必要な取り組みを行うことで健康な状態に戻ることが可能です。
お住いの近くでで参加できる、活動・教室・講座などを紹介します。

あなたにあった方法で、フレイル予防に取り組んでみませんか?

講座・教室に参加!

  • 地域介護予防教室

運動・栄養・口腔・認知症予防の知識を講師から学ぶとともに、趣味活動や運動の講座を開催します。
ご興味のある方は、お近くの高齢者支援センターへお問合せください。

高齢者支援センター(地域包括支援センター)

わくわく仲間づくりカレッジ

介護予防・仲間づくりに取り組みます。脳トレ書道、絵手紙などの介護予防・教養講座、約7Kmのウォーキングをしながら町田の歴史や草花を学ぶ里山ウォーキング、生活力の向上と介護予防・健康推進を目的とした料理初心者の男性の為の料理教室があります。

みんなで社会参加!

町トレ~町田を元気にするトレーニング~

体力に自信のある方から少し自信のない方まで、どなたでも取り組める約30分の体操です。定期的に高齢者支援センターの職員などがグループに伺い、皆さんの活動をサポートしています。地域の仲間と一緒に「からだもこころも地域も」元気な町田にしていきます。

  • 自主グループ

体操や茶話会、絵手紙などグループで楽しく活動しています。ご興味のある方は、お近くの高齢者支援センターへお問合せください。

老人クラブ

地域の高齢者が自主的につくった団体です。ゲートボール等の健康増進のための活動、俳句や将棋等の生きがいや教養を高める活動、防犯パトロール等の社会活動各クラブとも、生きがいを高める活動、健康増進のための活動、社会奉仕活動、友愛活動等を中心に幅広く活動しています。

介護予防サポーター

ご自身の介護予防の知識を深めるとともに、市内の各地域で介護予防の普及啓発を行います。市では『介護予防サポーター』を養成する講座を行っています。広報誌の発行、介護予防講座やグループの運営の手伝いなど、様々な活動を主体的に行っています。

いきいきポイント制度

地域の社会活動(ボランティア等)に参加し、ご自身の健康維持のために介護予防を実践する制度です。活動に応じてスタンプが押印され、次年度に商品券等に交換することができます。

まちいきヘルパー

高齢者の自宅を訪問し、日常生活のお手伝いをします。ヘルパーの資格がなくても、4日間の研修を受けることでまちいきヘルパーとして働くことができます。(お体に触れる介護は行いません)

シルバー人材センター

ご自身の培ってきた経験・知識を活かして社会のために何かしたいという方に、就業の機会を提供しています。

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
高齢者福祉課 介護予防係
電話:
042-724-2146
FAX:
050-3101-6180

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)