胃がんリスク検診(ABC検診)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年10月6日

新型コロナウイルス感染症による留意事項について

現在、感染予防のため各医療機関にて様々な対策を実施しており、一部の医療機関では、成人健康診査及びがん検診等の受診をお断りさせていただく場合もございます。
もし受診される場合は、事前に各医療機関に直接お問い合わせいただき、受診できるかどうかを確認の上、お申し込みください。

胃がんリスク検診とは

胃がんにはピロリ菌感染が深くかかわっており、ピロリ菌感染によって胃粘膜の萎縮が進むほど、胃がんが発生しやすくなります。
胃がんリスク検診(ABC検診)は、胃がんそのものを見つける検査ではありません。胃の粘膜に生息するピロリ菌の感染の有無と、胃粘膜の萎縮度(ペプシノゲン判定)を血液検査で調べ、一生の間に胃がんなどの胃疾患に罹るリスクを判定する検査です。
判定されたリスクに応じて、内視鏡検査(胃カメラ)による精密検査を受けていただき、除菌治療や定期的な経過観察などを行うことによって、胃がんなどの予防・早期発見・早期治療に繋げます。

検診項目

問診、血液検査(ヘリコバクター・ピロリ抗体、血清ペプシノゲン)

対象者

町田市に住民票があり、職場等で胃がんリスク検診(ABC検診)の機会がなく、過去に受けたこともない30歳以上の方

[注記]年齢について
胃がんリスク検診(ABC検診)は、年度内に30歳以上になる方(お誕生日が平成3年(1991年)3月31日以前の方)が対象となります。
対象年齢は、「今年度末(2021年3月31日)時点での年齢」です。
例えば、現在29歳の方でも、3月31日までのお誕生日で30歳になられる方は「今年度30歳」となり、お誕生日を迎える前でも実施期間内に受けることができます。

受けられない方

以下の事項に該当する方は、この検診を受けることができません。

  1. 過去に胃がんリスク検診(ABC検診)及び同等の検査を受けたことがある方(ご自身の受診状況が不明の方は健康推進課へお問い合わせください。)
  2. ピロリ菌除菌治療を過去に受けた方
  3. 食道・胃・十二指腸に関する疾患で、経過観察中・治療中の方
  4. 胃切除後の方
  5. 胃がんの手術を受けた方(検診医とご相談ください。)
  6. プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)を2ヶ月以内に服用された方
  7. 腎不全または腎機能障害のある方(血清クレアチニン3.0mg/dL以上)

費用

800円

ただし、以下の方は受診時に市が指定する証書(下記1に該当する場合は健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード等の身分証明書)を提示することにより、免除になります(受診後の申請は不可)。詳細は下記リンク先をご覧ください。

  1. 今年度末(2021年3月31日)時点で30歳及び40歳
  2. 生活保護受給者
  3. 中国残留邦人等支援給付受給者

実施期間

2020年5月29日から2021年2月28日まで

申込方法

直接、実施医療機関へお申し込みください。予約が必要な場合があるため、事前に電話等でご確認のうえ、お受けください。

胃がんリスク検診(ABC検診)は、町田市成人健康診査と同時に受けることができます。
成人健康診査を受けられる際に、医療機関へお申し出ください。

実施医療機関の一覧はこちらをご覧ください。

持ち物

  1. 本人確認ができる健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード等
  2. おくすり手帳または飲んでいるお薬
  3. (生活保護等受給者のみ)成人健康診査自己負担額が「無料」の記載のある成人健康診査受診券(下部)、保護受給証明書等の証書

他の健(検)診について

「がん検診等のご案内」は健康推進課または各市民センター等でも配布しています。

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 健康推進課

電話:042-725-5178

ファックス:050-3101-4923

WEBでのお問い合わせ