町田市から海外に住所が変わったら 

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月17日

町田市から海外に住所が変わった場合、海外への転出届出が必要です。

届出の種類

転出届(住民異動届)

届出期間

おおむね転出予定日の14日前から

届出先

受付時間

月曜日から金曜日、第2・第4日曜日の午前8時30分から午後5時
(注記)土曜日、開庁していない日曜日、祝日、年末年始を除く
(注記)第2・第4日曜日は、届出の内容によっては手続きができない場合があります。

届出人

本人または世帯主
(注記)代理人が届出をする場合は委任状が必要です。
(注記)委任状は委任者本人がすべて自筆で記入してください。

届出に必要なもの

  • 住民異動届(市役所市民課・各市民センターにあります)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)(所有者のみ)
  • 住民基本台帳カード(所有者のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 国民年金手帳(所有者のみ)
  • 介護保険証(所有者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険証(所有者のみ)
  • 乳幼児医療証〔マル乳医療証〕(所有者のみ)
  • 義務教育就学児医療費助成制度〔マル子医療証〕(所有者のみ)
  • ひとり親家庭等医療費助成制度〔マル親医療証〕(所有者のみ)
  • 印鑑登録証(登録者のみ)
  • 届出人の本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
  • 印鑑(他の手続きで必要になる場合があります)

注意事項

  • 期間が1年未満で、家族が日本に残る場合・帰国後元の家に戻る場合は、届出の必要がありません。
  • 転出の手続きが済んだ後でもこれから出国する方は、転出予定日の前日まで、窓口で住民票や印鑑証明書(登録カードをお持ちの場合)の発行ができます。なお、転出の手続き後、コンビニエンスストアでの証明書発行はできなくなります。
  • 月曜日など休日の翌日は窓口が混雑します。時間に余裕を持ってお越しください。
  • 住所異動届を出されない場合、住民基本台帳法第34条により実態調査を実施し、住民票を職権消除する場合がございます。

郵送で届出するとき

市の窓口に足を運ばなくても、「郵送」で届出することができます。
(注記)ただし、転入届については届出に行く必要があります。

届出の手順

下記の必要書類を同封し、町田市役所市民課郵送担当宛てに送ってください。

届出に必要なもの

  • 海外転出届出書(郵送用)
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート等)のコピー
  • すでに出国されている方は、パスポートの出国印が押印されたページのコピー

送付先

〒194-8580
町田市役所市民課
郵送担当宛
(注記)市民課専用の郵便番号であるため、住所の記載は不要です。

関連する主な手続き

国民健康保険  (届出と保険証・給付・保険税等)

国民年金  (手続き・保険料・免除制度・相談等)

医療・福祉  (高齢者のための福祉・障がい者のための福祉)

子ども  (手当・相談・保育園・幼稚園・学童保育・就学援助等)

このページの担当課へのお問い合わせ
市民部 市民課

電話:042-724-2123

ファックス:050-3085-6262

WEBでのお問い合わせ