(食品関連事業者の方対象)栄養成分表示の相談

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月7日

健康増進法、食品衛生法、JAS法の3法の食品の表示に係る規定を一元化した制度として、食品表示法が2015年4月1日から施行されました。
施行前は任意であった栄養成分表示は、原則として予め包装された一般消費者向け加工食品及び添加物に表示することが義務付けられました。義務表示の基本5項目は、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量です。これらは、その欠乏又は過剰な摂取が国民の健康の保持増進に影響を与えるとして、表示の義務化により、消費者の適切な商品選択に資することを目的としています。

【相談窓口について】
栄養表示等(栄養成分表示、特定保健用食品、栄養機能食品など)の個別具体的な相談は、表示に責任をもつ本社(輸入品の場合は輸入者)等の所在地を所管する保健所が窓口になります。
町田市内に商品の栄養成分表示の責任をもつ本社等がある場合は、町田市保健所保健予防課保健栄養係にご相談ください。

  • 町田市保健所保健予防課保健栄養係 042-722-7996

  (土曜日、日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時まで)

このページの担当課へのお問い合わせ
保健所 保健予防課 保健栄養係

電話:042-722-7996

ファックス:050-3161-8634

WEBでのお問い合わせ