このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 暮らし の中の 住まい・道路 の中の 道路 の中の 市民や企業との協働による取組み の中の 市民との協働で行う壁画制作活動(桜美林地下道) のページです。

本文ここから

市民との協働で行う壁画制作活動(桜美林地下道)

更新日:2018年11月29日

市では、誰もが安心して気持ちよく利用できる道路環境づくりを進めています。この取り組みは、多くの市民の活動に支えられています。

桜美林地下道における道路環境保全活動 ~桜美林トンネルアートプロジェクト~

桜美林大学の北側に面する通り(町田市道忠生1001号線)を渡る桜美林地下道は、多くの落書きが目立ち、通りにくい地下道になっていました。この地下道を自分達の手できれいにしたいと立ち上がった桜美林大学の学生の皆さんの活動により、桜美林地下道は素敵な空間へと生まれ変わりました。

壁画制作前の荒れた地下道 地下道の中も外も落書きでいっぱい

壁画制作前の荒れたトンネル 薄暗い地下道に心ない落書き

桜美林大学の皆さんによる壁画制作

2014年8月、桜美林トンネルアートプロジェクト(通称:OTAP)と題して始まった桜美林地下道の壁画制作。

中心となっている学生の皆さんが、全長41メートルの地下道の清掃と落書き消しを行い、その後、彼らの呼びかけに応じて集まった有志の学生とともに壁画を制作しました。

この活動に対し、市では塗料や壁画制作に必要な道具等の支援を行いました。

桜美林地下道の壁面の壁画製作風景 生物たちをシルエットで描く様子

桜美林地下道の壁面の壁画制作風景 背景となる六角形の模様を描いている

すてきな壁画が完成しました

躍動感のあるサル

海の生き物は右向き、陸の生き物は左向き

テーマは「成長」。
「今を歩く。今が見える。今を感じる。」をコンセプトに初めてトンネルを通った日から、次にそこを通ったとき、あの時とは違う見方をしている自分を発見することによって自らの「成長」を実感してほしい、という思いで製作されました。
海・陸のさまざまな生き物を、あえてシルエットで描き、たくさんの人が通りたくなるような地下道に変身させてくれました。

カラフルなシルエットで描かれた生き物たち

こんなところにも描かれています

地図はこちらをご覧ください

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
道路部 道路管理課
電話:
042-724-3257
FAX:
050-3160-7628

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)