年金手帳をなくしてしまったときは

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年10月22日

公的年金制度に加入中の方が年金に関する手続きをする場合には、年金手帳または基礎年金番号通知書が必要になります。お手元にない場合は、下記の方法で再交付の手続きをしてください。
なお、年金を受給している方は年金手帳は不要です。代わりに年金証書が必要となります。

ご自身の加入している年金制度が分からない場合は、公的年金制度のしくみをご覧ください。

第1号被保険者

保険年金課国民年金係または各市民センター(忠生・南・なるせ駅前・鶴川・堺・小山)へ身分証明書を持って、再交付申請の手続きをしてください。1ヶ月程度で、日本年金機構よりご自宅に送付されます。

お急ぎの場合は、直接年金事務所へ身分証明書(顔写真付)を持って手続きをすると、町田市役所への手続きよりも早く、再交付できます。

第2号被保険者(厚生年金・共済組合の加入者)

お勤め先を通じての手続きとなります。手続き方法は、お勤め先に確認してください。

第3号被保険者

配偶者のお勤め先を通じての手続きとなります。手続き方法は、お勤め先に確認してください。

このページの担当課へのお問い合わせ
いきいき生活部 保険年金課 国民年金係

電話:042-724-2127

ファックス:050-3101-5154

WEBでのお問い合わせ