「町田市市民センター等の未来ビジョン」に関する取り組みについて

背景と目的

人口減少や少子高齢化の加速による市税収入の減少が見込まれる中、市民センター等(市民センター、コミュニティセンター、市民フォーラム)の維持管理経費の財源確保が課題となっています。
また、デジタル社会の進展により、行政窓口へ来所することなく自宅や身近な場所でより簡単に行政手続が可能になるなど、市民センター等を取り巻く環境は、今後ますます変化していくことが予想されます。
そこで、限られた財源の中で社会変化に対応し、より良い行政サービスが提供できるよう、将来を見据えた長期的な視点で市民センター等の機能のあり方について示す「町田市市民センター等の未来ビジョン」を策定しました。

ビジョンの概要

今後めまぐるしく変化する社会状況や市民センター等を取り巻く環境変化等を見据え、本ビジョンでは、「サービス・利便性」「ソフト・魅力」「地域・コミュニティ」「コスト・民間協働」という「4つのチェンジ」を施策の柱に位置付け、これらの柱に基づく取り組みにより、市民センター等が「便利で楽しい地域の拠点」となることを目指します。

ビジョンのダウンロード

計画策定のための取り組み