2019年4月24日開催 市長記者会見資料

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年4月24日

2019年4月24日に開催した市長記者会見で発表した資料を掲載しています。

【案件1】都内初!市内事業者の円滑な事業承継の推進に向け「町田市事業承継推進ネットワーク」による支援を開始します

中小企業では、利益を出していながらも後継者難で自主廃業せざるを得ない「黒字廃業」が増加傾向にあり、事業承継が大きな経営課題となっています。こうした背景を踏まえ、町田市では「町田市産業振興計画19-28」で掲げた、市内事業者の「“つなぐ”チャレンジ」の促進に向け、市内での円滑な事業承継を支援するため「町田市事業承継推進ネットワーク」をスタートします。

【案件2】2018年度 「見直そう!“伝わる日本語”推進運動」の活動成果と今後の進め方について~誰にでも伝わる日本語で市政情報を発信~

情報をやさしく、わかりやすく発信することで、市民からより一層信頼される市役所を目指し、2018年度から「見直そう!“伝わる日本語”推進運動」を開始しました。この度、1年間の活動成果として、「見直し10ヵ条」、文書作成のポイント等を取りまとめた報告書を作成しました。2018年度に見直しを行ったチラシなどは、すでに各職場で活用を始めています。2019年度は、「見直し10ヵ条」など文書作成のポイントを活用し、市政情報を伝わる日本語で発信するなど、この活動を市役所全体の取り組みとして一層推進していきます。

【案件3】シェアサイクルの社会実験を実施~市内の回遊性向上による地域活性化を目指して~

市内の回遊性向上による地域活性化を目的として、シェアサイクルの企画・運営を行うecobike株式会社と「町田市シェアサイクル事業社会実験の実施に関する基本協定書」を4月1日に締結しました。この協定に基づき、ecobike株式会社と市の共同により、シェアサイクル※導入に向けた社会実験を実施します。社会実験では、利用者がスマートフォンアプリを使って借りる駐輪場と返却する駐輪場を予約し、自転車を利用することができます。

【案件4】全国初!生活保護費を正しく受給するための啓発を目的とした動画を制作しました

生活保護制度を利用する方へ、冊子「正しく受給するために」を用いて収入や資産を得たときの申告等について説明を行ってきましたが、さらにわかりやすく伝えるための啓発動画を制作しました。動画は、主にこれから生活保護を利用する方、申告を怠りがちなアルバイトや少額の収入を得る可能性のある方、正しく申告されずに不正受給となってしまった世帯等への制度説明の際に活用します。

このページの担当課へのお問い合わせ
政策経営部 広報課

電話:042-724-2101

ファックス:042-724-1171

WEBでのお問い合わせ