早期周知による街づくり関係

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年4月25日

町田市では、地域や地区の特性を生かした街づくりを推進するため、「町田市住みよい街づくり条例」を制定しました。
条例第4章「早期周知による街づくり」の対象事業となる場合、事業者は、構想標識の設置、説明会の開催、協議要請があったときは関係住民との協議等が必要となります。
次に掲げる建築物等の建築行為及び開発行為等が「早期周知による街づくり」の対象となります。

  1. 1ヘクタール以上の開発行為等
  2. 延べ床面積が3,000平方メートル以上の建築行為
  3. 戸数50戸を超える集合住宅に係る建築行為
  4. 市長が必要と認めた開発等

手続の手引き

条例第4章「早期周知による街づくり」の手続全般を解説した手引きです。

協議手続をされる関係住民等の方向けの手引きです。

説明会を行う事業者の方向けのマニュアルです。

「町田市住みよい街づくり条例」(早期周知による街づくり)に基づく様式のダウンロード

「町田市住みよい街づくり条例」(早期周知による街づくり)の様式

早期周知による街づくりに関する各様式は、こちらからご覧になれます。

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部 土地利用調整課 土地調整係

電話:042-724-4256

ファックス:050-3161-6271

WEBでのお問い合わせ