令和4年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の提出について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月15日

令和4年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の提出について

国民年金や厚生年金保険等から支給される年金のうち、老齢または退職により支給される年金は雑所得として所得税が課されます(障害年金、遺族年金は課税されません)。
年金額が65歳未満の方は108万円以上、65歳以上の方は158万円以上の場合は年金支払い時に所得税を源泉徴収されます。

対象者には令和3年9月から順次、日本年金機構から「扶養親族等申告書」が送付されます。
これは、令和4年2月以降の年金から源泉徴収される所得税について、配偶者控除等の各種控除を受ける際に必要な申告書となります。
お手元に届きましたら、内容を確認の上、記載されている提出期限までに必ず提出してください。
(期限に間に合わない場合でもなるべく早くご提出ください。)

なお、各種控除に該当しない方(受給者本人が障害者・寡婦等に該当せず、控除対象となる配偶者または扶養親族がいない方)は、扶養親族等申告書を提出する必要はありません。
注記:源泉徴収の対象とならない方には、「扶養親族等申告書」をお送りしておりません。

詳細については、以下の日本年金機構のホームページをご確認ください。

お問い合わせは扶養親族等申告書ダイヤルまたはねんきんダイヤルまたは年金事務所までご連絡ください。

・扶養親族等申告書ダイヤル:0570-081-240
・ねんきんダイヤル電話:0570-05-1165
IP電話・PHSからは電話:03-6700-1165
・八王子年金事務所電話:042-626-3511

(電話受付時間)
平日:午前8時30分から午後5時15分※土日祝を除く週の初日は午後7時まで
第2土曜日:午前9時30分から午後4時

このページの担当課へのお問い合わせ
いきいき生活部 保険年金課

電話:042-724-2127

ファックス:050-3101-5154

WEBでのお問い合わせ