農業委員会事務局 農地法第4条・第5条農転届出について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年4月20日

市街化区域内の農地の転用にあたっては、農業委員会への届出が必要です。

受付時間

平日8時30分から17時(12時から13時除く。)

届出場所

町田市役所9階905窓口(農業委員会事務局)

受理通知書の交付日

原則届出日の翌週金曜日以降

注1:祝日、休日の他、年末年始やゴールデンウィークにより交付日を変更する場合があります。

2021年ゴールデンウィーク前後の届出日の交付日
届出日4/26~4/305/6~5/7
受理通知書交付日5/12以降5/14以降

注2:農地法5条第1項第7号の規定による農地転用に関しては、事業等に係る面積が500平方メートル以上ある場合は、開発行為の該当・非該当に関わらず、事前に建築開発審査課へ相談が必要です。都市計画法の開発許可を要しない場合は、届出書を仮受付した後、農業委員会事務局より建築開発審査課へ照会を行い、建築開発審査課からの回答日を届出日としますので、回答日によっては交付日が1週間ずれることがあります。(開発許可を要する場合は、開発許可書の写しの添付が必要となります。)

届出書

ダウンロード可能なフォーマットは、農地法第4条第1項第8号および第5条第1項第7号の規定による市街化区域内の農地転用届出書のみです。
印刷されるとA4サイズでプリントされますが、A3サイズに拡大して使用してください。
ただし、市街化区域内農地であっても生産緑地指定等のある場合は、農地転用ができませんのでご注意ください。
農地転用はあくまで転用目的が明確であることが届出受理の前提条件となります。「地目変更」「所有者変更」といった内容では受理できませんのでご了承ください。
なお、農地の取得(同法第3条)および市街化調整区域内の農地転用につきましては、許可申請であるため農業委員会への事前相談が必須となります。これらに該当する案件については必ず農業委員会へお問い合わせの上、窓口までお越しください。
注意! 本届出書をプリントアウトされますと「A4」サイズで出力されますが、窓口配布のものと同じ「A3」サイズに拡大複写いただきご使用ください。

市街化区域内農地の所有者が、自分で当該農地をそれ以外に転用する場合。(土地に関する権利移動・設定等がない場合。)

「農地法第4条第1項第8号の規定による農地転用届出書」の記載例および添付書類、手続の方法等につきましては、こちらを参照してください。

市街化区域内農地の所有者から農地を貸借または譲渡を受けて、農地以外に転用する場合。(土地に関する権利移動・設定等が伴う場合。)

「農地法第5条第1項第7号の規定による農地転用届出書」の記載例および添付書類、手続の方法等につきましては、こちらを参照してください。

代理人が農地転用の受理証明書を受け取りに来る場合は委任状が必要です。
その際に本人確認の為、運転免許証等の写真付の身分証明書をご提示ください。
委任状と身分証明書の照合ができなかった場合は受理証明書は発行できませんのでご了承ください。
農地転用に係る土地が共有名義の場合は、所有者全員からの委任が必要となります。所有者全員からの委任が確認できない場合も受理証明書は発行できませんのでご了承ください。
所有権の移転を伴う農地法第5条に基づく農地転用の場合は譲渡人からの委任状のみで構いません。

※委任状は以下の事項についての記載があれば、この様式でなくても構いません。

  • 代理人の住所、氏名、連絡先
  • 委任する内容
  • 転用する土地の所在
  • 転用目的
  • 委任者の住所、氏名、連絡先、押印

問い合わせ先

農業委員会事務局

このページの担当課へのお問い合わせ
農業委員会事務局

電話:042-724-2169

ファックス:050-3101-9913