アライグマ・ハクビシン防除事業

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月23日

自宅に住み着いたアライグマ・ハクビシンの駆除業者を派遣します

外来生物であるアライグマ・ハクビシンの、生態系や生活環境への被害防止のため、町田市では業者の派遣による駆除を行っています。
なお、2019年度の申込受付は、契約の関係上、2020年3月19日で終了となります。3月20日以降にご相談いただいた方、申込書が町田市に届いた方の受付開始は、2020年4月1日の予定です。あらかじめご承知おきください。

受付の条件

  • 申込をする方(依頼者)が所有している市内の住宅の内部に、アライグマ・ハクビシンが住み着いていることが条件となります(野外、屋根なしの建築物、居住者のいない寺社や店舗などは対象外)。
  • 賃借人の方で、お困りの場合は、まず物件の所有者にご相談ください。
  • 内部にいる動物が、アライグマ・ハクビシンの確証がなくても、音や、爪痕などでその可能性が高いと考えられる場合は申し込みいただけますが、現地調査の結果、アライグマ・ハクビシンによる被害でないことが判明した場合は、調査で本事業は終了となります(調査までは無料です)。
  • わな設置後の毎日の見回りと、定期的なエサの交換、捕まった際の業者への連絡は、依頼者が行います。
  • 同じ敷地内の建物についての申込は、年度内に1回までとなります。
  • この事業でのわな設置・捕獲・駆除にかかる費用は無料ですが、別途消毒や穴ふさぎ等の作業を業者に依頼される場合は、自己負担となります。穴は、放置しておくと別の個体がまた入り込む恐れがあります。

申込と捕獲の流れ

  1. 町田市役所7階環境・自然共生課へご相談の上、申込書を提出してください。(事前に電話相談した上で郵送提出も可)
  2. 申込書が市役所に到着後、町田市が本年度契約している業者(委託業者)に申込内容を連絡します。
  3. 委託業者が依頼者に日程調整の電話をします。現地調査日を決めてください。
  4. 委託業者が現地調査に来ます。調査の結果、自宅内にアライグマ・ハクビシンが侵入していることがわかりましたら、住宅内の屋根裏などに捕獲用のわなを仕掛けます(最長3週間、捕獲できない場合の延長はできません)。
  5. わなに動物がかかったら、依頼者が委託業者に電話をします。委託業者がわなと動物を回収に来ます。

申込書式のダウンロード

申込書は、町田市役所7階環境・自然共生課、市民センター・駅前連絡所に置いてあります。(市民センター・駅前連絡所窓口では申込できません)

2020年1月31日までの申込受付件数、捕獲頭数

2018年6月1日から本事業の受付を開始し、2018年年度は93件、2019年度は1月31日までに93件の申込がありました。
この間、アライグマ9頭、ハクビシン6頭を捕獲、捕獲地域はつくし野3頭、金森東1頭、玉川学園1頭、南大谷3頭、常盤町1頭、小山町2頭、小野路町1頭、三輪緑山1頭,森野1頭、高ヶ坂1頭となっております。
申込者様のお話と、現地調査の結果から、カサカサ、カリカリといった小さい音の時は、ネズミの住みつきが原因であることが多いようです。
実際にアライグマ・ハクビシンに家屋内に侵入された方のお話を聞くと、夜中にドスン、バタンとかなり大きな音がするとのことです。
ご自宅の屋根裏などで、動物がドスドスと歩いていることにお気づきになりましたら、ご相談ください。

町田市内で、住宅内に住み着いたアライグマ・ハクビシンの捕獲状況を地図に落としました。
アラ=アライグマ、ハク=ハクビシン、数字は2018年6月からの捕獲頭数です。

業者に駆除の相談をしたい場合

庭にアライグマやハクビシンが出るなど、上記受付の条件に当てはまらない場合で、民間業者による駆除を希望される方は、公益財団法人 東京都ペストコントロール協会(03-3254-0014)にご相談ください。
被害の状況を聞いたうえで、駆除を実施している業者を紹介してくれる協会です。
業者によって費用は異なりますので、複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。発生する費用は自己負担となります。

アライグマ・ハクビシンの特徴

アライグマ

中型犬くらいの大きさ(頭から尾の先まで70センチメートルから90センチメートル)
尾に5本から7本のしま
目の周りに黒いマスク模様、眉間に黒いすじ
前足・後ろ足ともに5本指

ハクビシン

尾が長く、スリムな体型(頭から尾の先まで90センチメートルから110センチメートル)
顔の真ん中に白いすじ
足が短い
前足・後ろ足ともに5本指

アライグマ・ハクビシンを寄せ付けないために

エサになるものを与えない

外にごみやペットのえさを放置したり、庭の果樹を実がなったままにしたりしないようにしましょう。
庭に金魚などを買っている場合、重い蓋をしておきましょう。

住居を与えない

侵入口になりそうな隙間を見つけたら、金網等でふさぎましょう。
木をつたって屋根裏等に入ることがあるので、屋根へ延びる庭木はこまめに切りましょう。

国・都道府県の許可なくアライグマ・ハクビシンを捕獲することはできません

アライグマ・ハクビシンをご自身で捕獲したいとのお問い合わせをいただくことがあります。
アライグマ・ハクビシン等の害獣であっても、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律などによって、捕獲する場合は国または都道府県の許可が必要になります。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境・自然共生課

電話:042-724-4391

ファックス:050-3160-5220

WEBでのお問い合わせ