このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

相模女子大学・東京ガス株式会社との協働研究「4Rプロジェクト」

更新日:2019年7月8日

3者協定を結びました


2015年7月から2017年3月まで、相模女子大学と町田市は「デザインの力で3Rを推進する協働研究に関する協定」を結び、市庁舎イベントスタジオでの展示や、町田市立中央図書館での貸出用通い袋の試験運用を行ってきました。

そして、2017年6月に相模女子大学、町田市及び東京ガス株式会社は「デザインの力で3Rを推進する協働研究に関する協定」を結びました。

この協定において、「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」の3Rに、もうひとつのR=「Re-クリエイト(再構築)」つまり「デザインの力」をプラスして4Rと呼んでいます。

「まちだくらしフェア2019」にて研究発表を行いました

2019年7月5日・6日に町田市民フォーラムで行われた消費生活者展「まちだくらしフェア2019」にて、相模女子大学生活デザイン学科の学生が「4R PROJECT」の研究発表を行いました。傘の生地を使用したエコバックに加え、新たに、ごみとして回収した布団カバーを素材としたスマホケースなどの事例を東京ガス株式会社神奈川西支店と協働して紹介しました。

スマホケース

展示コーナー

中央図書館で展示しました!「ごみの傘をデザインの力でかわいく変身=4Rプロジェクト」

展示内容

町田市でごみとして回収された傘の布を使って、相模女子大学生活デザイン学科と協力して製作したエコバッグを展示しました。

  • ワークショップ(2015年度開催)で製作したエコバッグの展示
  • 3月に中央図書館で使用した貸出用通い袋のエコバッグの展示
  • 4Rプロジェクトの概要・レジ袋のオイル量などの環境に関する展示
  • その他今回のプロジェクトで考案したバッグの展示

エスカレーター横展示

材料になる傘の見本

展示コーナー1

展示コーナー2

中央図書館の貸出用通い袋として試験的に使用しました!

マイボトルくんとエコバッグちゃん

2017年3月10日(金曜日)から3月23日(木曜日)の期間、完成したエコバッグを中央図書館でCD・DVD等の貸出用通い袋として、試験的に使用しました。

また、同時開催で中央図書館5階に特集コーナーも設置しました。

貸出用通い袋

5階特集コーナー

利用者の声

  • とても可愛くて素敵な袋でした。使い勝手もとてもよいです!特集コーナーと5階のカウンターのコーナーがとても可愛くて”デザインの力”を感じました!
  • とても可愛い袋ばかりで娘が図書館に来るたびに袋を選ぶのを楽しみにしています。
  • 助かりました、ありがとう。goodアイディアです。

エコバッグを市庁舎で展示しました!「楽しくエコをしよう!~4Rプロジェクト~」

2017年3月27日(月曜日)から3月31日(金曜日)の期間、市庁舎1階イベントスタジオで、「楽しくエコをしよう!~4Rプロジェクト~」を開催しました。
開催期間中、町田市でごみとして回収された傘の布を使って、相模女子大学生活デザイン学科が製作したエコバッグを展示しました。
また、同時開催でスケルトン収集車「みえるくん」の展示や、家庭で不要となった「陶磁器・ガラス食器」「家庭金物」「廃食用油」などの対象品目を無料で持ち込めるリサイクル広場も開催しました。

イベントスタジオ

エコバッグの展示

展示ポスター

相模女子大学学生さんの作品

傘布でつくるエコバックの作り方

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 3R推進課 推進係
電話:
042-797-0530
FAX:
042-797-5374

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

3Rとは
Reduce(リデュース)ごみそのものを減らす
Reuse(リユース)繰り返し大切に使う
Recycle(リサイクル)分別して資源にする
の3つのRで、ごみの減量・資源化を推進します。