町田市子ども・子育て会議

概要

2015年度から、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進するための子ども・子育て支援新制度が導入されることに伴い、子ども・子育て支援法第77条1項に基づき、市の附属機関として「町田市子ども・子育て会議」を2013年11月に設置しました。
委員は、子どもの保護者、事業主の代表、労働者の代表、子ども・子育て支援事業(幼稚園・保育所など)の従事者、学識経験者等で構成されています。

設置根拠

委員の定数・構成

委員20人以内をもって組織し、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱します。

  • 子ども・子育て支援に関し学識経験を有する者
  • 子ども・子育て支援を実施する事業者の代表
  • 子ども・子育て支援に関する事業に従事する者の代表
  • 保健医療関係団体の代表
  • 経済関係団体の代表
  • 公募による保護者で市内に住所を有するもの
  • その他子ども・子育て支援に関係する者のうち市長が適当と認める者

役割

会議は、「子ども・子育て支援新制度」に関する事業計画の策定・進捗管理などについて、保護者の方を含む子ども・子育て支援の当事者などの意見を聴くための会議であり、本市の子どもや子育て家庭の実情を踏まえて施策を実施していくことを目的としています。
幼児期の学校教育・保育、地域での子ども・子育てに係るニーズを把握した上で、市内における新制度の給付・事業の需要見込量、提供体制の確保の内容及びその実施時期等を盛り込んだ「町田市子ども・子育て支援事業計画」(以下「計画」という。)を5年を1期として策定するほか、以下の内容について審議を行います。

調査・審議事項

  1. 町田市子ども・子育て支援事業計画の策定及び変更
  2. 子ども・子育て支援法に基づく給付対象となる認定こども園、幼稚園、保育所に係る利用定員の設定
  3. 子ども・子育て支援法に基づく給付対象となる家庭的保育、小規模保育、居宅訪問型保育、事業所内保育に係る利用定員の設定
  4. 上記のほか、子どもに関する施策の総合的かつ計画的な推進に関し必要な事項の調査・審議及び当該施策の実施状況の確認

これまでの主な審議内容

  • 2019年度 新・町田市子どもマスタープラン(後期)の作成に関すること
  • 2018年度 大地沢青少年センターのあり方について
  • 2017年度 町田市子ども発達支援計画(案)の作成に関すること
  • 2016年度 保育料及び育成料のあり方について
  • 2015年度 新・町田市子どもマスタープランの作成について
  • 2014年度 町田市子ども・子育て支援事業計画の作成について
  • 2013年度 町田市子ども・子育て支援事業計画の作成について

開催状況