費用負担割合について(介護保険負担割合証)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年7月1日

少子高齢化の進展に備え、持続可能な介護保険制度とするため、2018年8月から65歳以上(第1号被保険者)で「一定以上の所得がある方」は介護保険サービスを利用したときの負担割合が、2割または3割に変更となりました。

介護保険負担割合証

要介護・要支援認定を受けているみなさまには、「介護保険負担割合証」を交付いたします。ご自身の費用負担割合をご確認ください。なお、適用期限は8月1日から翌年7月31日です。
新しく要介護(要支援)認定の申請をされた方は認定結果と一緒に発送します。それ以外で現在介護保険の認定をお持ちの方は、2022年7月14日に発送予定です。詳細は資料をご確認ください。

適用期間の終了年月日が令和4年7月31日となっている「介護保険負担割合証」は、8月1日以降使用できませんので、ご返却ください。なお、今回送付した介護保険負担割合証・介護保険負担割合証のご案内(本紙)は、次の更新までお持ちください。

「介護保険負担割合証」とは?

介護保険サービスを利用する際の負担割合を示す証明書です。ご自身の負担割合をご確認ください。
介護保険サービス利用料のうち1割、2割又は3割をお支払いいただきます。なお、第2号被保険者(40歳以上65歳未満)の方は1割となります。
介護保険サービスを利用する際、終了年月日を過ぎていないかご確認ください。

「介護保険負担割合証」の使い方は?

介護保険負担割合証を、ケアマネジャーや利用しているサービス事業所に毎月必ず提示してください。
介護保険負担割合証は、お薬手帳、被保険者証(医療・介護)と一緒に保管しましょう。

負担割合の判定基準

負担割合の判定基準

負担割合の変更について

確定申告書の提出が遅れたり、修正申告等で税情報が変更となったりする場合には、年度の途中で8月まで遡って負担割合が変更になる可能性があります。
また、引越し等で世帯構成が変更になった場合にも、負担割合が変更になる可能性があります。
その場合は、改めて「介護保険負担割合証」をお送りしますので、新しく届いた「介護保険負担割合証」は、必ずケアマネジャーや利用しているサービス事業所に提示してください。

このページの担当課へのお問い合わせ
いきいき生活部 介護保険課

電話:042-724-4366

ファックス:050-3101-6664

WEBでのお問い合わせ