高ヶ坂石器時代遺跡整備工事情報

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月18日

高ヶ坂石器時代遺跡の整備工事について

高ヶ坂石器時代遺跡は、2014年3月に策定した「国指定史跡高ヶ坂石器時代遺跡保存管理計画」に基づき、史跡公園として整備するため、3地点の遺跡(牢場遺跡、稲荷山遺跡、八幡平遺跡)について、整備工事を進めております。

高ヶ坂石器時代遺跡の詳細についてはこちら(文化財散策案内)をご覧ください。

八幡平遺跡の整備工事を実施中です

八幡平遺跡整備イメージ図八幡平遺跡整備予定(イメージ図)

高ヶ坂遺跡の3地点のうち、八幡平遺跡は現在公開していませんが、史跡公園として活用するために、整備工事を進めています。整備工事完了後、公園として公開する予定です。

園路の整備を行っています

八幡平遺跡は、高台から東側に傾斜していく非常に景観の良い立地です。高台の上に四阿(あずまや)があり、斜面には園路(階段・スロープ)を設置します。上の写真はこの度スロープの手すりが完成した様子です。
2019年度は、この四阿建設、スロープ工事、植栽工事などを実施しました。
四阿や階段・スロープの上からは、眼下に広がる眺望が楽しめます。
整備工事完了まで、もうしばらくお待ちください。

このページの担当課へのお問い合わせ
生涯学習部 生涯学習総務課

電話:042-724-2554

ファックス:050-3161-9866

WEBでのお問い合わせ