町田市PPP/PFI手法導入にかかる優先的検討の基本方針

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年9月20日

町田市では、新たな事業機会の創出や民間投資の喚起を図るとともに公共施設等の総合的かつ計画的な管理を進めていくうえで、効率的かつ効果的な整備等を進めることを目的として、公共施設や都市インフラ施設の整備等に多様なPPPやPFI手法を導入していくうえで行う優先的検討の基本方針を定めました。

用語説明

PPP

PPPとは、パブリック・プライベート・パートナーシップの略。公共サービスの提供に民間が参画する手法を幅広く捉えた概念で、民間資本や民間のノウハウを利用し、効率化や公共サービスの向上を目指すもの。

PFI

PFIとは、パブリック・ファイナンス・イニシアティブの略でPPPの手法のひとつ。公共施設等の建設、管理運営等において民間資本や民間のノウハウを活用し、公共事業の効率化や公共サービスの向上を図る手法をいう。

内閣府の政策

内閣府では、公共施設等の建設、維持管理、運営等を行政と民間が連携して行うことにより、民間の創意工夫等を活用し、財政資金の効率的使用や行政の効率化等を図るPPP/PFI手法の活用を推進しています。

このページの担当課へのお問い合わせ
政策経営部 企画政策課

電話:042-724-2103

ファックス:050-3085-3082

WEBでのお問い合わせ