里山環境の保全・活用に関する意識調査

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年12月27日

調査の目的

町田市には、市街地の北部に緑豊かな丘陵地域(北部丘陵)があり、北部丘陵は、恵まれた自然環境(里山)を備え、数多くの歴史・文化の足跡を見ることができます。
社会の在り方が変わり、都心からも近い北部丘陵の里山には、大きな可能性が秘められており、この貴重な資源を活かし、さらに磨き将来に引き継いでいくことが求められています。
本意識調査では、北部丘陵地域の住民の皆さまや北部丘陵の来訪者が、市内の里山について、どのようなご意見やお考えをお持ちでいるかを伺い、その調査の結果を今後策定する予定の「(仮称)町田市里山環境活用保全計画」の参考として活用させていただくことを目的としています。

調査対象

【地域住民】
上小山田町、下小山田町、小野路町の各1000名、計3000名
【来訪者】
小山田緑地来訪者、小野路宿里山交流館の来訪者、計200名

調査時期

2020年12月中旬から2021年1月上旬

調査結果

このページの担当課へのお問い合わせ
経済観光部 農業振興課

電話:042-724-2164

ファックス:050-3101-9913