おもちゃ病院まちだ ~こわれたおもちゃを治療します~

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年2月26日

おもちゃ病院ってこんなところ

お子さまの目の前で、話をしながらおもちゃを治します。
治療を通じて、おもちゃの動きを理解し、「科学する心」や「創造する心」を育て、「物を大切にする心」を親子で一緒に考える機会にもなります。
こわれたおもちゃを捨てる前に、修理してもう1度使いませんか。
おもちゃ病院まちだは、こわれたおもちゃを無料で治療(修理)するボランティア団体です。
(ただし、部品交換時は、100円から500円程度の実費負担がかかる場合があります。)

(おもちゃ病院まちだのホームページに遷移します。)

どこで開催しているの?

詳細は、下記のおもちゃ病院まちだのHPをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。開院スケジュール(外部サイト)

(おもちゃ病院まちだのホームページの開院スケジュールのページに遷移します。)

開院スケジュール
開院日 開院場所 開院時間(受付)
【毎月】  第2・4土曜日 町田市民フォーラム 4F
町田市原町田4-9-8
(サウスフロントタワー町田内)
午前10時から午後4時まで
(受付は2時まで)
【奇数月】 第3土曜日
(1・3・5・7・9・11月)
ころころ児童館
町田市玉川学園3-35-45
(042-710-1475)
午前10時から午後4時まで
(受付は2時まで)
【偶数月】 第3土曜日
(2・4・6・8・10・12月)
つるっこ
町田市大蔵町1913
(042-708-0236)
午前10時から午後4時まで
(受付は2時まで)

注記:会場等の都合により日程や時間が変更となる場合がございます。事前にお確かめください。

「ころころ児童館」「つるっこ」には、遊具や絵本が多数そろっています。
修理が終わるまで、子どもも飽きずに、遊ぶことができます。

2019年度開院実績

2019年度開院実績
開院場所 治療件数
市民フォーラム(計22回) 259
玉川学園子供クラブ ころころ児童館(計5回) 83
子どもセンター つるっこ(計6回) 105
南大谷子どもクラブ(4月6日) 17
子どもセンターばあん(4月13日) 24
子どもセンターばあん(6月1日) 14
南大谷子どもクラブ(6月29日) 27
玉川学園地区社協(8月3日) 12
子どもセンターただon(8月18日) 20
子どもセンターばあん(8月31日) 24
ひといき広場(9月7日) 62
ぶらんこ町田(10月1日) 18
子どもセンターばあん(10月5日) 9
つくし野中(10月26日) 36
みどりの森保育園(11月6日)        54
つくし野センターまつり(11月3日) 5
南大谷子どもクラブ(12月7日) 15
子どもセンターばあん(2月1日) 19

治療の様子

どんなおもちゃを治すことができるの?

【おもちゃの治療例】
おもちゃの種類 診断 治療
電車 電池ボックス・スイッチ
などの接触不良
電池液漏れ清掃。電池切片製作
(無料)
オルゴール ゼンマイ巻きの
車軸が破断
タップを切りネジ止め
(無料)
機関車 軸にケバの絡み、
タイヤの劣化
ケバを除去し、タイヤ交換
(部品代100円)
兵隊のおもちゃ ギアの破損 特殊ギアを製作して修復
(部品代200円)
  • 銃や刀等のおもちゃは受付できません。骨董価値のものや最新のゲーム機器等はお断りする場合があります。
  • 傷ついて治らない場合があります。また、時間がかかる場合は「入院」となり、後日の返却となる場合があります。
  • ゲーム関連は、本体、キーボード、専用電源、ゲームソフト、ケーブル等は必ず持参してください。

おもちゃ病院まちだ、ころころ児童館と協力協定を締結しました

2011年12月、「おもちゃ病院まちだ」と「子育て・子育ち支援タグボート(ころころ児童館指定管理者)」、「町田市」の3者は、子どもの健全育成とごみの減量に向けた協力協定を締結しました。
地域に密着した活動を通して、子どもたちに物を大切にする心を育んでいこうとする「おもちゃ病院まちだ」と、子どもたちの成長や発達、子育て支援などを行っている地域密着型の施設「ころころ児童館」の活動を、市は支援していきます。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 3R推進課 推進係

電話:042-797-0530

ファックス:042-797-5374

WEBでのお問い合わせ

3Rとは
Reduce(リデュース)ごみそのものを減らす
Reuse(リユース)繰り返し大切に使う
Recycle(リサイクル)分別して資源にする
の3つのRで、ごみの減量・資源化を推進します。