このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

食品ロス削減講座「使い切り料理教室」

更新日:2019年10月28日

町田市の燃やせるごみの約40%(重量比)を占める生ごみ。毎日の料理でどうしても出てしまうのが調理くずですが、私たちのちょっとした工夫で、調理くずをほとんど出さずに美味しい料理をつくることができます。町田市では、食材の使い切り方法やアレンジ方法など、調理で出るごみを減らす方法を実践を交えて紹介する「使い切り料理教室」を開催しています。

2019年度使い切り料理教室

10月19日に忠生市民センターで「使い切り料理教室」を実施しました。後日、実施のようすを掲載いたします。
なお、次回の開催は冬頃を予定しています。詳細が決まり次第、告知いたします。

2018年度使い切り料理教室

2018年11月27日と2019年3月1日に市内公共施設にて、使い切り料理教室を実施しました。当日はいずれも20~30名の市民の皆様にご参加いただきました。調理実習の講師は、町田市で食育活動を推進する「町田市食育ボランティア」の皆様。食品ロスとその削減について学ぶ講義も実施し、調理だけなく、様々な角度から食品ロス削減について考えていただきました。参加した皆様から「また参加したい」「野菜の皮をできるだけ使うようにしたい」などの声をいただきました。

講義イメージ画像

講義イメージ画像

料理イメージ画像

料理イメージ画像

レシピはこちらをご覧ください

こちらもご覧ください

エコ得レシピ

生ごみ水切りキャンペーン ~生ごみの80%は水分、水切りだけでも環境にやさしい~

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
環境資源部 3R推進課 推進係
電話:
042-797-0530
FAX:
042-797-5374

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)

3Rとは
Reduce(リデュース)ごみそのものを減らす
Reuse(リユース)繰り返し大切に使う
Recycle(リサイクル)分別して資源にする
の3つのRで、ごみの減量・資源化を推進します。