【2019年度夏季実施報告】夏休み、親子で行く最終処分場見学とさかな園

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年12月2日

最終処分場ってどんなところ?

みなさんの家から出されたごみは、町田市の清掃工場で焼却され、その灰は東京都日の出町にある最終処分場(二ツ塚処分場)に運ばれます。以前は、運ばれた灰は全て埋め立てられていましたが、2006年からエコセメントの原料としてリサイクルされ、道路の側溝や縁石などに生まれ変わっています。毎日市内で排出されるごみは、日の出町の方々のご理解と協力により設置された最終処分場で処理されています。

夏休み、親子で行く最終処分場見学とさかな園

2019年度夏季最終処分場見学会実施の概要

2019年度夏季は、ごみのゆくえを知っていただき、自然豊かな日の出町の魅力を感じていただく機会として、下記のとおり最終処分場見学会を行いました。見学会後は、日の出町にあるさかな園で自然に触れ合いながらのバーベキューや川遊びを楽しみました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

【日時】:2019年8月21日(水曜日)午前8時から午後5時
【場所】:二ツ塚処分場、谷戸沢処分場、さかな園
【参加者】:小学4年生から中学2年生とその保護者38名

当日の様子

<最終処分場見学会>
二ツ塚処分場では、エコセメント化施設を見学し、焼却灰がどのようにエコセメントになるか、また最終処分場の仕組みなどを学習しました。
埋立を終了した谷戸沢処分場では、フクロウの営巣など、様々な動植物の生息について話を聞きました。

<さかな園での昼食の様子>
薄曇りで涼やかな風が吹く中、グループに分かれてバーベキューの昼食をとりました。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 環境政策課

電話:042-724-4379

ファックス:050-3160-2758

WEBでのお問い合わせ