第10回(2022年度)トライアル発注認定商品

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年8月8日

町田市トライアル認定2022 画像

第10回(2022年度)の認定には、10事業者・11商品の申請をいただきました。
専門機関による書類審査、及び外部有識者からの意見聴取(7月22日開催)を経て、認定商品(7事業者・7商品)が決定しました。

認定期間

2022年8月8日から2025年3月31日

認定商品

第10回(2022年度)認定商品一覧
認定番号 商品名 事業者情報
45 OCR式LPWA自動検針サービス アシオット株式会社
住所:町田市成瀬が丘3丁目1105番地74
46 USB LTOデータ保存システム「LT80H USB LT08」 株式会社ユニテックス
住所:町田市中町2-2-4
47 拾い出しテンプレート窓1/100 株式会社エッチ・エル・ピー
住所:町田市小川6-29-17
48 志村式計算定規三種 合同会社マル文
住所:町田市原町田4-19-6-403
49 常設露出コンセント 株式会社TERADA
住所:町田市南町田5-2-2
50 マーベルIoT シー・エイチ・シー・システム株式会社
住所:町田市中町1-25-9
51 LSV-2×2 株式会社モビリティワークス
住所:町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター218

045 OCR式LPWA自動検針サービス(アシオット株式会社)

認定商品の画像

  • AI技術を用いた電気・ガス・水道メーターの自動検針サービス
    既存の電気・ガス・水道などの機械式メーターに、数値読取用アタッチメントを後付けし、安価に導入できる遠隔検針可能なスマートメータリングシステムです。
    装着した検針機で撮影したメーターの写真から、自動的に値を読み取り、検針値のみをサーバーにアップロードし、データの見える化及び請求書自動作成を行います。

046 USB LTOデータ保存システム「LT80H USB LT08」(株式会社ユニテックス)

認定商品の画像

  • 世界唯一のUSB接続LTOデータ保存システム
    独自開発した世界唯一のUSB接続LTO装置と自社開発アーカイブソフトウェアの組み合わせにより、重要な大容量データ資産を効率よく、安心・安全に長期保存できるシステムです。
    オフライン管理、データ改ざん防止・暗号化機能で大容量データをサイバー攻撃から守るとともに、CO2排出量を最小限に抑えることができます。

047 拾い出しテンプレート窓1/100(株式会社エッチ・エル・ピー)

認定商品の画像

  • 超絶時短!業界革命!見積スピード大幅アップ!!
    日本の大手のサッシメーカの既製品サイズ(窓略称サイズ、開口面積、窓回り四辺長)が入った定規です。
    建築で使用される立面図の縮尺が100分の1のため、図面上の窓に定規をあてがうだけで、各数値を計測せずに割り出すことが出来るため、作業スピードのアップや、正確な見積の作成が可能となります。

048 志村式計算定規三種(合同会社マル文)

認定商品の画像

  • 実用新案特許取得!目からウロコ計算定規
    原理原則が凝縮され解答が得られるため、実用性だけでなく教材性を兼ね備えた三角関数定規と掛算割算定規、コピー機での縮小拡大やデザインなどの編集作業等で使用できる縮小拡大定規の三種類の計算定規です。
    三角関数定規は配管工事、サバイバル地図の読み取り等に、また縮小拡大定規は、使用することで、コピーの失敗を防ぐことができるため、紙の使用量の削減につながります。

049 常設露出コンセント(株式会社TERADA)

認定商品の画像

  • 設置場所を選ばない常設可能なコンセント(屋内向け仕様)
    常設可能な露出コンセントで業界最薄サイズのコンセントです。
    電源線の芯線を本体にさすだけの速結端子のため、作業時間を短縮できるとともに、送り端子付きのため、複数台設置も簡単です。
    接続された電線を外すボタン(リリースボタン)の上に化粧カバーを被せる2重構造にすることで、ボタンをロックし、感電のリスクを減らしました。

050 マーベルIoT(シー・エイチ・シー・システム株式会社)

認定商品の画像

  • 室内環境の遠隔集中監視・制御クラウドサービス「マーベルIoT」
    室内の空気に関する各パラメーターを制御機能の付いているセンサー・コントローラーで測定し、遠隔から監視・自動制御を行うことのできるIoTシステムです。
    測定した数値をクラウド上に自動蓄積することで、施設内の設備の見直しや、最適な運用方法などを検証することができるほか、大規模施設に完備されている中央監視・制御システムが、後付けで安価且つ簡易的に実現可能です。

051 LSV-2×2(株式会社モビリティワークス)

認定商品の画像

  • 公道走行可能な新型電動モビリティ
    グリーンスローモビリティ規格に準拠した、後部座席が後方を向いている(可動式で荷台としても使用可)、日本初の公道走行可能な4人乗りの最高速度20キロメートル未満の電気自動車です。
    後部座席が後方を向いていることにより、景観を体全体で感じることができるため、観光地で新たなアクティビティとして導入が期待できます。

このページの担当課へのお問い合わせ
経済観光部 産業政策課

電話:042-724-3296

ファックス:050-3101-9615

WEBでのお問い合わせ