リニア中央新幹線(品川・名古屋間)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年9月27日

リニア中央新幹線は、国土交通大臣から営業主体・建設主体として指名された、東海旅客鉄道株式会社が進めている事業です。
東海旅客鉄道株式会社は、2014年10月17日、全国新幹線鉄道整備法に基づき、国土交通大臣から工事実施計画の認可を受けました。

【開催終了】シールドトンネルにおける安全、安心等の取組みについての説明会

本説明会は終了しました。当日の資料については東海旅客鉄道株式会社ホームページ(外部サイト)をご覧ください。
お問い合わせは、下記の説明会に関するお問合せ先にお願いします。

リニア中央新幹線のシールドトンネルにおける安全、安心等の取組みについての説明会を東海旅客鉄道株式会社が開催します。

日時:2021年9月18日午後5時から
会場:町田市立小山中学校体育館
定員:450人程度、先着順

日時:2021年9月26日午後5時から
会場:町田市立鶴川中学校アリーナ
定員:350人程度、先着順

説明会に関するお問合せ先
東海旅客鉄道株式会社
住所:東京都港区高輪3-24-16品川偕成ビル3階
電話:03-6847-3701(東京工事事務所)
受付:土・日・祝日・年末年始を除く平日の午前9時から午後5時まで

リニア中央新幹線(品川・名古屋間)大深度地下使用認可に伴う事業区域を表示する図面の縦覧

リニア中央新幹線(品川・名古屋)建設工事について、大深度地下の公共的使用に関する特別措置法(大深度法)に基づき、使用の認可が国土交通大臣から事業者(東海旅客鉄道株式会社)にあったため、大深度法に基づき事業区域の表示する図面を縦覧しています。

時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日・12月29日から1月3日を除く)
場所:企画政策課(市庁舎4階)
その他:図面については、東海旅客鉄道株式会社ホームページからもご覧いただけます。

リニア中央新幹線(品川・名古屋間)の概略ルート・駅位置

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書(2014年8月)より抜粋

  • 開業予定:2027年(平成39年)
  • 延長:約286キロメートル(地下トンネル約246キロメートル)
  • 所要時間:約40分

町田市内のルート・非常口

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書環境影響評価書関連図(2014年8月)より抜粋

町田市内のルート(約10キロメートル)は、すべて地下トンネルとなります。
地下トンネル内の換気や異常時の避難等に利用する非常口は、市街化、住宅地化が高度に進展している地域をできる限り回避して、約5キロメートルおきに設置されます。
町田市内には、能ケ谷付近の都県境(敷地は川崎市)、小野路町、上小山田町の3箇所に設置されます。
各非常口の工事状況やその他詳細事項は、東海旅客鉄道株式会社にお問合せください。

お問合せ先

東海旅客鉄道株式会社
住所:東京都港区高輪3-24-16品川偕成ビル3階
電話:03-5462-2781(環境保全事務所(東京))、03-6847-3701(東京工事事務所)
受付:土・日・祝日・年末年始を除く平日の午前9時から午後5時まで

このページの担当課へのお問い合わせ
政策経営部 企画政策課

電話:042-724-2103

ファックス:050-3085-3082

WEBでのお問い合わせ