ちょこっと共済(東京市町村民交通災害共済)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年4月1日

ちょこっと共済(東京都市町村民交通災害共済)は、交通事故でけがをしたときに、交通災害の程度に応じて、見舞金を受け取ることができる制度です。
また、交通事故で亡くなられた加入者に中学生以下のお子さんがいるときは、中学生修了年までの間交通遺児年金が支給されます。
なお、ちょこっと共済は、交通事故の相手方の損害を賠償するものではありませんので、ご注意ください。

インターネットで申込ができるようになりました。こちらのページからお申込ください。

ちょこっと共済(東京市町村民交通災害共済)の概要

対象者

共済期間の開始日に、町田市に住民登録のある方

共済期間

2022年4月1日から2023年3月31日まで。
2022年4月1日以降に申込した場合は、申し込み日の翌日から2023年3月31日まで。

加入方法

加入申込書に必要事項をご記入いただき(印鑑は不要です)、ご希望のコースの会費を添えて、お申込みください。
町内会・自治会やサークルなど、団体として加入申込みされる場合は、市民生活安全課まで、お問い合わせください。

加入申込期間

2022年2月1日から2023年3月31日まで。
(注記)共済期間とは異なりますので、ご注意ください。

加入申込場所

市民生活安全課窓口、各市民センター、市内の銀行・信用金庫・信用組合・農協。
(注記)市の各連絡所、ゆうちょ銀行、三菱UFJ信託銀行町田支店、新生銀行では申込できません。

見舞金額

会費

いずれかのコースを選んでください。一人一口です。
Aコース:一人年額1000円
Bコース:一人年額500円

見舞金額

交通事故による障害で、事故日から1年以内に受けた治療により、以下の表に基づき等級を決定し、見舞金をお支払いします。

等級表
等級交通災害の程度

Aコース
(1000円)

Bコース
(500円)

1等級死亡300万円150万円
2等級重度の後遺障害200万円100万円
3等級入院日数30日以上の傷害34万円17万円
4等級入院日数10日以上30日未満または実治療日数30日以上の傷害14万円7万円
5等級実治療日数10日以上30日未満の傷害8万円4万円
6等級実治療日数10日未満の傷害4万円2万円

見舞金の対象となる交通事故

車両同士の事故、歩行者と車両の事故や車両の単独事故など、交通機関の交通による人身事故が対象です。

詳細はこちらのPDFファイルをご覧ください。

見舞金請求

見舞金の請求のしかた

請求する場合は、町田市市民生活安全課(電話:042-724-4003)までご連絡ください。市民センター等では請求できません。
なお、通常の請求に必要なものは次の5点です。

  1. 会員証
  2. 交通事故証明書(人身事故扱いのもの)
  3. 医師の診断書(治療期間と実治療日数が記入してあるもの)
  4. 預金通帳等(口座番号等のわかるもの。ゆうちょ銀行の場合は銀行振込用の口座番号等が記載されている通帳が必要です。)
  5. 印鑑(認め印で可)

請求期間

  • 事故による傷病が治癒した日、又は事故日から1年を経過した日のいずれか早い日の翌日から2年間となります。
  • 死亡の場合は、死亡日(事故日から1年以内)の翌日から2年間
  • 重度の後遺障害の場合は、事故日から1年以内に身体障害者福祉法施行規則別表第5号に掲げる1級から3級までの障害の状態に至ったときの翌日から2年間

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部 市民生活安全課

電話:042-724-4003

ファックス:050-3160-8039

WEBでのお問い合わせ