これまでの町田市における学校統廃合の経過(1996年度から2010年度)

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年8月8日

このページでは、1996年度から2010年度にかけて実施した町田市における学校統廃合にかかる経過を掲載しています。

町田市における学校統廃合の経過の概要(1996年度から2010年度)

町田市では、高度経済成長期に大規模団地が建設されたことなどによって、転入者が大幅に増加し、1965年から1980年の15年間で人口が約18万人増加しました。
この人口増加に伴って、町田市立小・中学校の児童・生徒数も大幅に増加し、ピーク時には小学校が約3.7万人(1980年度)、中学生は約1.8万人(1985年度)まで増加しています。
その後、大規模団地の子どもたちが小・中学校を卒業したことで児童・生徒数が大幅に減少し、小学生は2000年度には約1.9万人、中学生は2005年度には約8千人まで減少しました。
この状況に対して町田市では、各校の学級数の減少による学校教育・学校運営上の課題を解決し、より良い教育環境を整備するために、1996年11月に町田市立学校適正規模適正配置等審議会を設置して議論を重ね、1998年12月に答申を受領しました。
町田市では、審議会の答申を踏まえ、1999年3月には学校適正規模適正配置事業実施計画を策定し、2001度から2003年度に、小学校を統廃合して、木曽境川小学校・本町田小学校・七国山小学校を開校し、2010年度には本町田中学校を閉校しています。
以下、木曽境川小学校・本町田小学校・七国山小学校の開校及び本町田中学校の閉校までの学校統廃合の経過について掲載します。

町田市立学校適正規模・適正配置等審議会(1996年度から1998年度)の経過について

町田市では、各校の学級数の減少による学校教育・学校運営上の課題を解決し、より良い教育環境を整備するために、1996年11月に町田市立学校適正規模適正配置等審議会を設置しました。

諮問内容

  1. 町田市立学校の適正規模、適正配置の基本的考えについて
  2. 町田市立学校の適正規模、適正配置の具体的方策、並びに通学区域の編成について

審議会の審議経過(1996年11月から1998年12月)

審議の経過
開催日 議題
第1回 1996年11月21日 諮問
審議会の運営方針
学校の現状
第2回から6回 1996年12月から
  1997年4月
適正規模適正配置の基本的な考え方 等
第7回から22回 1997年5月から
  1998年8月
適正規模適正配置の「忠生地区」と「忠生地区外」の検討対象校の検討 等
第23回から31回 1998年9月から
  1999年12月
統合新設校設置場所の検討
答申案の検討
答申 1998年12月24日 教育長へ答申

答申内容

学校適正規模適正配置事業実施計画の策定について(1999年3月策定)

1998年12月の審議会の答申に示された学校統廃合を含めた通学区域の見直し案を踏まえ、学校統廃合の実施時期や実施に向けた基本的な考え方をまとめた学校適正規模適正配置事業実施計画を策定しました。

学校統廃合の経過(1999年度から2010年度)

木曽境川小学校(旧忠生第四小学校と旧木曽小学校)開校までの経過

経過
年月日 内容
1999年5月から
   1999年12月
統合準備会による検討
主な議題:統合新設校に求められる施設の整備、校名の選定について
※施設の整備については、小委員会を設置し検討
2001年3月31日 忠生第四小学校・木曽小学校 閉校
2001年4月1日 木曽境川小学校 開校(仮校舎:旧忠生第四小学校)
2002年4月1日 本校舎(旧木曽小学校)に移転

1999年5月から、統合準備会を設置し、新しい学校設備や学校名の選定について議論を重ね、2001年4月には、木曽境川小学校を開校しました。

本町田小学校(旧本町田西小学校と旧緑ヶ丘小学校と旧原小学校)開校までの経過

経過
年月日 内容
2000年5月から
  2001年2月
統合準備会による検討
主な議題:統合新設校に求められる施設の整備、校名の選定について
※施設の整備については、小委員会を設置し検討
2002年3月31日 本町田西小学校・緑ヶ丘小学校・原小学校 閉校
2002年4月1日 本町田小学校 開校(仮校舎:旧緑ヶ丘小学校)
2003年4月1日 本校舎(旧原小学校)に移転

2000年5月から、統合準備会を設置し、新しい学校設備や学校名の選定について議論を重ね、2002年4月には、本町田小学校を開校しました。

七国山小学校(旧忠生第六小学校と旧忠生第七小学校と旧忠生第五小学校(一部※))開校までの経過

経過
年月日 内容
2001年5月から
  2001年12月
統合準備会による検討
主な議題:統合新設校に求められる施設の整備、校名の選定について
注記:施設の整備については、小委員会を設置し検討
2003年3月31日 忠生第六小学校・忠生第七小学校・忠生第五小学校 閉校
2003年4月1日 七国山小学校 開校(仮校舎:旧忠生第六小学校)
2004年4月1日 本校舎(旧忠生第七小学校)に移転

2001年5月から、統合準備会を設置し、新しい学校設備や学校名の選定について議論を重ね、2003年4月には、七国山小学校を開校しました。
注記:旧忠生第五小学校の通学区域は、七国山小学校・山崎小学校・忠生第三小学校に分割しました。

本町田中学校の閉校について

生徒数の減少に伴い、本町田中学校は2011年3月31日をもって閉校しました。本町田中学校の通学区域は、町田第三中学校・山崎中学校に分割しました。

このページの担当課へのお問い合わせ
学校教育部 教育総務課

電話:042-724-2172

ファックス:050-3161-7906

WEBでのお問い合わせ