農業研修事業

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年2月4日

高齢化などによる農業の担い手不足が深刻な問題となっており、今後、町田市の農地や農業を維持していくためには、市民の皆様との更なる連携が必要です。
町田市では小野路町に開設した研修農場で、「自ら耕作できる技術を持った人材」の育成を目的とした2年間の農業研修を行っています。農家を支援する援農者や新たに農業経営を始めたい方など、将来町田市で農業の担い手として活躍することを目指す研修です。

【募集終了】 2022年度 農業研修生(第13期生)を募集します!

募集概要

  1. 対象者:町田市内に居住し、農家支援や農業経営に関心のある方
  2. 募集人数:13名
  3. 研修期間:2022年4月から2024年2月まで(予定)
  4. 研修費用:1年目・2年目 各40,000円
  5. 場所:町田市農業研修農場(小野路町278番他)
  6. 研修内容:
  • 主に露地野菜について、畑での一般的栽培法(慣行農法)による「栽培実習」及び「講義」を行います。
  • 1人、80平方メートル程度の畑を、研修計画に基づき耕作します。
  • アドバイザーが野菜づくりの相談に応じます。

送付先:〒194-8520 町田市森野2-2-22、町田市役所 経済観光部 農業振興課
募集期限:2021 年2月3日(木曜日)(必着)

※詳細は、募集要項をご覧ください。
※募集要項、応募用紙は、農業振興課及び各市民センター・各コミュニティーセンター・各連絡所等で、1月4日(火曜日)より配布します。
※下部にあるPDFファイル・Excelファイルもダウンロードして、応募にご使用いただけます。

募集案内・応募用紙

研修の概要

1.対象

市内に住民登録があり、農家支援、農業経営に関心のある方とします。その他の条件については、農業振興課までお問い合わせください。

2.研修費

4万円(※研修生運営委員会費として)、その他くわ、バケツを各自購入
※「運営委員会」とは、研修生相互の連絡並びに町田市と研修生の連携を図ることを目的に設置するものであり、研修農場環境の整備や教材の共同購入、交流会の開催等を行います。

3.研修期間・日時

研修コースは原則2年間とします。月4回、毎週土曜日、午前9時から11時半(午後に至る作業もあります)

4.場所

町田市農業研修農場(町田市小野路町278番外)

5.研修内容

研修生は研修農場の畑で割り当てられた約80平方メートルの区画を管理しながら、一般的な栽培技術を学びます。
農機具の使い方や土作りから、作付け、収穫、農家への援農実習など、農業の基礎を幅広く研修します。

詳しい研修の内容についてはこちらをご覧ください。

6.応募方法

募集は毎年1月ごろを予定しております。詳しくは農業振興課までお問い合わせください。
また、秋頃(10月から11月)に現地見学会を開催していますので、研修申し込みを検討されている方はぜひご参加ください。詳細は広報またはホームページでお知らせいたします。

関連資料

町田市内には様々な農業体験メニューがあります。下部リンク先からご確認ください。

町田市農業研修農場

1.所在地

町田市小野路町字万松寺谷278他

2.アクセス

鶴川駅より神奈川中央交通バスをご利用ください。
町36系統「町田バスセンター行」、鶴32系統「多摩センター駅行」、鶴32系統「南野二丁目行」のいずれかに乗車。
「小野神社前」バス停で下車、徒歩約5分。

3.駐車場

研修関係者の駐車場は用意してありますが、狭いため土日の来場制限・調整をする場合がありますので予めご了承ください。
※一般の方が利用できる駐車場ではありません。

このページの担当課へのお問い合わせ
経済観光部 農業振興課

電話:042-724-2166

ファックス:050-3101-9913

WEBでのお問い合わせ