補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の利用者の募集

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年12月26日

東京都では、訓練事業者が育成・訓練を行った補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を無料で給付しています。

給付の概要

対象

都内在住の18歳以上で次の要件をすべて満たす方

  • 視覚障害1級(盲導犬)、肢体不自由1級または2級(介助犬)、聴覚障害2級(聴導犬)である
  • 都内におおむね1年以上居住している
  • 世帯の所得税課税額が月平均で7万7000円未満である
  • 補助犬の飼育を、家屋の所有者・管理者から認められている(自宅以外に居住している方)
  • 決められた訓練を受け、補助犬を適切に管理できると認められること
  • 補助犬の使用が、社会活動への参加に効果があると認められること

手帳の条件

  • 盲導犬:視覚障害1級
  • 介助犬:肢体不自由1級または2級
  • 聴導犬:聴覚障害2級

費用

無料

申し込みについて

  • 前期申請(盲導犬、介助犬、聴導犬):2020年1月10日まで受付
  • 後期申請(盲導犬):2020年6月12日まで受付

申請の受付は随時行っています。(審査会は前期と後期の年間2回です。)

申し込み窓口

このページの担当課へのお問い合わせ
地域福祉部 障がい福祉課

電話:042-724-3089

ファックス:050-3101-1653

WEBでのお問い合わせ