火災予防機器等給付事業

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月1日

心身機能の低下や居住環境等から防火の配慮が必要な方に対し、火災予防機器等(火災警報器・電磁調理器)の購入費用の一部を助成します。

対象者

65歳以上のひとり暮らし、または高齢者のみの世帯(日中に高齢者のみになる方を含む)で、心身機能の低下や居住環境等により、防火の配慮が必要な方。

※日中に高齢者のみになる方の場合
高齢者以外の方と同居している場合でも、その方がお仕事等で常時3日以上で6時間以上不在の場合には、利用の対象となります。

実施内容

火災予防機器等(火災警報器・電磁調理器)の購入費用を、給付券を発行する形で助成します。

費用

  • 市都民税が課税の方

限度額以内の1割および市で定める補助限度額を超える分を負担していただきます。

  • 市都民税が非課税の方

市で定める補助限度額を超える分のみ負担していただきます。

※限度額
火災警報器:8000円、電磁調理器(原則、一口のもの):1万5000円

申請方法

お住まいの地域を担当する高齢者支援センターにお申し込みください。

このページの担当課へのお問い合わせ
いきいき生活部 高齢者福祉課 高齢者サービス係

電話:042-724-2141

ファックス:050-3101-6180

WEBでのお問い合わせ