都内で初めて!連節バスを運行中

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年11月18日

市では、2012年度からの10年間に、何を目標にどのようなまちづくりを進めていくのかを示す、町田市基本計画「まちだ未来づくりプラン」の中で、「幹線バスと支線バスによる公共交通網を構築するとともに、コミュニティバスや乗合タクシーなど新たな交通手段の確保」を基本政策の一つに掲げています。
その具体的な施策の一つとして、2012年5月28日から連節バスの運行を開始しました。
運行区間は、利用者が多く、急行バスが運行している山崎団地センターから町田バスセンターまで(約4.6キロメートル)です。平日は、町田バスセンター発が午前9時46分から午後8時46分の24便、山崎団地センター発が午前6時20分から午後5時10分の21便が運行します。
2013年3月16日から、土曜日および休日においても、午前9時台から午後4時台の間に6往復の運行をはじめました。
連節バスの導入により、同区間のバス運行回数を約23%少なくでき、渋滞緩和と二酸化炭素の削減(年間約23トン)が見込まれます。
なお、この事業は、神奈川中央交通株式会社と共同で行うものです。

※運行経路図・予定時刻表については、パソコン等より下記資料(形式:PDF)をご覧ください。(2018年5月1日時刻改正)
※2012年5月28日より町田バスセンター内の乗り場が一部変更になっております。あわせて下記資料をご覧ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部交通事業推進課

電話:042-724-4261

ファックス:050-3161-6322

WEBでのお問い合わせ