【緊急】台風の接近・集中豪雨の発生について

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年9月23日

台風が接近したり、集中豪雨が発生すると、洪水や土砂災害により、甚大な被害をこうむる可能性があります。
みなさまが適切なタイミングで避難し、身の安全を図っていただくため、町田市では避難に関する情報を発令します。

避難に関する情報が発令されたら(防災行政無線放送、緊急速報メール等でお知らせします)

町田市から避難に関する情報が発令された地域(河川付近などの浸水想定区域や崖・斜面付近などの土砂災害特別警戒区域・警戒区域)にお住まいの方は、以下のような行動をとりましょう。

警戒レベルに関するチラシ(東京都作成)より一部抜粋

「避難情報」は、市民の皆様へ避難を呼びかけるために市から発令される情報です。この「避難情報」は、気象庁や東京都が発表する防災気象情報のほか、河川の水位状況、降水量の見通し等の様々な情報をもとに発令されるため、防災気象情報とは同じレベルではないことがあります。
(注記)防災気象情報は、市民の皆様が自主的に避難行動をとるための参考情報です。

警戒レベル5:災害の発生情報

  • 既に災害が発生している状況であり、命を守るための最善の行動をする

警戒レベル4:避難勧告、避難指示(緊急)

  • 避難施設等へ避難する
  • 災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、避難施設への避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋への移動等の緊急の避難をする

警戒レベル3:避難準備・高齢者等避難開始

  • 避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者は避難施設へ避難する
  • その他の人は避難の準備をし、自発的に避難する

『避難のポイント』

  • 避難とは「難」を「避」けることであるため、安全な場所にいる人は避難施設に行く必要はありません。
  • 事前に「洪水ハザードマップ」や「土砂災害ハザードマップ」でご自宅の周辺などを確認しておきましょう。
  • 避難先は避難施設だけではありません。安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみましょう。
  • 感染症防止のため、マスク・消毒液・体温計・上履き・ごみ袋等は自ら携行してください。
  • 避難する際は食料や寝具、衛生用品等はご自身で持参してください。
  • 避難施設で出たごみはご自身で持ち帰りください。
  • 車での避難は原則禁止です。
  • ペットを連れて避難する場合は、飼い主が責任をもって管理してください。(家庭等で飼育している犬や猫、小型の哺乳類や鳥類のみ)

避難行動判定フロー避難行動判定フロー 

町田市の注意報・警報の発表情報などの気象情報

河川映像や水位情報について

東京都の水防災総合情報システムから、市内の河川映像や水位情報を地点毎に確認することができます。

境川の河川水位情報を確認することができます。

停電情報について

市内の停電情報を検索することができます。

各社鉄道会社の運行情報

台風の接近・集中豪雨の発生に備えて事前に知っておこう!

ハザードマップでお住いの場所の危険性(浸水想定区域/土砂災害特別警戒区域・警戒区域)を確認することができます。
また、非常持ち出し品の参考例や町田市からの情報伝達について記載しています。

このページの担当課へのお問い合わせ
防災安全部防災課

電話:042-724-3218

ファックス:050-3085-6519

WEBでのお問い合わせ