小型充電式電池の出し方

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年11月8日

2022年7月から小型充電式電池の回収が始まりました

小型充電式電池を使用している家電製品の例

デジタルカメラ、ビデオカメラ、ゲーム機など小型充電式電池を使った製品の写真

小型充電式電池は、身の回りの様々な物に使用されています。
(デジタルカメラ・シェーバー・電動歯ブラシ・電子タバコ・スマートフォン・携帯電話のモバイルバッテリーなど)

使用している電池の例

リサイクル可能かお確かめください

リサイクル可能な小型充電式電池は、以下のリサイクルマークが付いています。

リサイクルマーク

古い製品には、以下の表示があります。

  • ニカド電池
    Ni-Cd
  • ニッケル電池
    Ni-MH
  • リチウムイオン電池
    Li-ion

リサイクルの対象品(リサイクルマークがあるもの)

電池を取り出せる場合

有害ごみ(乾電池)の日に回収します。
電池を取り出し、安全な回収のため金属部分をビニールテープで絶縁し、集積所に設置した乾電池のかご(茶色)に入れてください。
テープの色は何色でも構いませんが、リサイクルマークが見えるように巻いてください。
安全な運搬や中間処理のため、セロハンテープではなく、ビニールテープでの絶縁をお願いします。

小型充電式電池の絶縁見本は、こちらのリンクをご確認ください。


リサイクルマークがある小型充電式電池は、回収協力店へ持ち込むこともできます。
回収協力店は、一般社団法人JBRCのホームページで検索してください。


電池を取り出した後の機器本体
小型家電回収BOXまたはリサイクル広場へお持込みいただくか、燃やせないごみ(単体で重さ10キログラムを超えるもの、40リットルの指定収集袋に入らないものは粗大ごみ)でお出しください。

電池を取り出せない場合

市民センターやコミュニティセンター、市庁舎などの公共施設に設置した小型家電回収BOXへ入れてください。
投入口(15センチ・30センチ)を通らないサイズの物は、リサイクル広場(地域リサイクル広場を除く)へお持込みください。
単体で重さ10キログラムを超えるもの、40リットルの指定収集袋に入らないものは粗大ごみです。
注記:携帯電話やスマートフォンを充電するためのモバイルバッテリーは、電池を取り出さずにJBRCの排出協力店へ持ち込むことができます。

リサイクル対象品ではないもの(リサイクルマークのない電池・解体された電池パック・水漏れ膨張などの破損した電池・ハードケースに入っていない電池)

電池を取り出せる場合

電池を取り出し、安全な回収のため金属部分をビニールテープで絶縁し、集積所に設置した乾電池のかご(茶色)に入れてください。

電池を取り出せない場合

市民センターやコミュニティセンター、市庁舎などの公共施設に設置した小型家電回収BOXへ入れてください。
投入口(15センチ・30センチ)を通らないサイズの物は、リサイクル広場(地域リサイクル広場を除く)へお持込みください。
注記:スマートフォンやタブレット端末は、販売店にお持込みいただくこともできます。
注記:パソコンは、メーカーや販売店へ処分を依頼するか、「宅配便による回収」をご利用ください。

このページの担当課へのお問い合わせ
環境資源部 ごみ収集課

電話:042-797-7111

ファックス:042-797-5325

WEBでのお問い合わせ