町田市の協働事業一覧

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年4月20日

協働の取り組み

町田市では、「協働による地域社会づくり」推進方針において、『協働』を『地域の多様な主体が、お互いを尊重しながら、共通の目的を達成するために協力して活動すること』と定義しています。市内では協働の手法を用いて、様々な地域の担い手が連携して取組を進めています。
ここでは、市の各部署が様々な団体・個人と実施した協働事業について紹介しています。

協働事業一覧

2017年度の協働事業:210件
2018年度の協働事業:205件

市が2018年度に実施した多様な主体との協働事業を一覧にしてまとめています。

市の各部署で行っている協働事業について、協働の形態・種別・活動分野をグラフにしています。

協働事業事例紹介(2018年度実施事業)

アダプト・ア・ロード事業 (道路部道路管理課)

アダプト・ア・ロード事業では、市と管理協定を結んだ団体の活動を通して、市が管理している道路や道路残地を良好な環境にしていくことを目指しています。町内会・自治会、老人会、学校、事業者など、様々な団体が市と管理協定を締結し、清掃活動や植栽の管理などを行っています。
自分達のまちを自分達の手で綺麗にしていくことで、地域への愛着がわき、さらに地域コミュニティの活性化にもつながっています。

団地再生事業~ふじずかん~ (都市づくり部住宅課)

団地再生やコミュニティの活性化を目的に、さがまち学生Clubの学生とともに、藤の台団地で「ふじずかん」という取組を行っています。2017年度は団地に住む子育て世代を中心にワークショップを実施し、その意見を反映した情報誌を作成。2018年度は団地の住民と一緒になってイベントを企画し、実施しました。
学生ならではの視点と特性を活かして、藤の台団地の魅力を発信することができています。また、参加した学生からは、「普段関わらない団地の人達と交流することができて、刺激になった」「得意分野を活かすことで協力できてよかった」という声が届いています。

このページの担当課へのお問い合わせ
市民部 市民協働推進課

電話:042-724-4362

ファックス:050-3085-6517

WEBでのお問い合わせ