農地利用集積円滑化事業

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年3月30日

「農地利用集積円滑化事業」のお知らせ

町田市では昔ながらの里山風景を守ると同時に、既存農家の規模拡大や新たに農業経営を始める方のために、市街化調整区域にある遊休農地を市が仲介し貸借する「農地利用集積円滑化事業(農地あっせん事業)」を実施しています。この事業は、農業経営基盤強化促進法に基づくものです。
農地の利用は、農業経営を目的にするものに限ります。家庭菜園をお探しの方は対象になりません。

※現在、農地バンクの農地が非常に少ない状況です。

遊休農地あっせんの仕組み

農地のあっせんの流れ図農地のあっせんの流れ

所有者から委任を受けた遊休農地の情報を「農地バンク」として、農地を探していらっしゃる方の情報を「担い手バンク」として登録し、マッチングを行います。

市街化調整区域に遊休農地をお持ちの皆様へ

市街化調整区域に農地をお持ちの方で、「手が回らなくて耕作できない」などのお悩みをお持ちの方は、地区担当の農業委員もしくは農業振興課までご相談下さい。町田市が仲介し、新しい耕し手とマッチングを行います。
市のあっせん制度を使えば、従来の農地法による貸し借りと異なり、小作権や離作料が発生しないので他人に貸しても確実に戻ってきます。
※市街化区域は対象外です。

新しい農地をお探しの皆様へ

現在農業経営をされている方

経営規模を拡大するために、農地を借り受けたい方は、農業振興課までお問い合わせください。所有の農地をすべて耕作していることが条件となります。

新しく農業経営を始めたい方

担い手バンクに登録するには、農業の知識や経験等の必要条件があります。くわしくは農業振興課までお問い合わせください。個人・法人は問いません。

このページの担当課へのお問い合わせ
経済観光部 農業振興課

電話:042-724-2166

ファックス:050-3101-9913

WEBでのお問い合わせ