このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

成人健康診査後の保健指導のご案内

更新日:2018年4月1日

町田市成人健康診査の結果より、主にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、生活習慣病の発症リスクが高いと判断された方に対して、生活習慣の改善のためのプログラムをご案内します。

(町田市で実施している保健指導は、法律上では「特定保健指導」と呼ばれています。)

保健指導とは

保健指導の対象者自身が健診結果を理解し、自らの生活習慣を振り返り、生活習慣を改善するための行動目標を設定します。そして、それを6か月間実践することで、自身の健康に関する自己管理ができるようになることを目指します。

保健指導対象者について

町田市国民健康保険に加入している40歳から74歳の方で、町田市成人健康診査をお受けになった方のうち、下記の基準に該当される方が対象となります。保健指導のレベルは、基準のうち該当する項目数等により、「積極的支援」と「動機付け支援」に分かれます。なお、糖尿病、脂質異常または高血圧に対し、薬剤治療を行っている方は、保健指導の対象にはなりません。

保健指導対象者基準表
ステップ1 ステップ2 ステップ3   保健指導レベル分類
腹囲 (1)血糖 (2)脂質 (3)血圧 (4)喫煙歴 40~64歳 65~74歳
≧85cm(男性)
≧90cm(女性)
2つ以上該当 積極的支援 動機付け支援
1つ該当 該当する
該当せず 動機付け支援
上記以外で
BMI≧25
(※)
3つ該当 積極的支援 動機付け支援
2つ該当 該当する
該当せず 動機付け支援
1つ該当

(1)血糖・・・血糖が100mg/dL以上 または HbA1c(NGSP値)が5.6%以上
        (血糖は空腹時のものを優先。やむを得ない場合は随時血糖も可。)
(2)脂質・・・中性脂肪が150mg/dL以上 または HDLコレステロールが40mg/dL未満
(3)血圧・・・収縮期(最高)が130mmHg以上 または 拡張期(最低)が85mmHg以上
(4)喫煙歴・・・過去に合計100本以上 または 6か月以上吸っていて最近1か月も吸っている者

※BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

実施事業者について

町田市では保健指導を株式会社ベネフィットワン・ヘルスケアに業務委託しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア(外部リンク)

保健指導の流れ

1 町田市より案内を送付

成人健康診査受診の約3か月後、町田市から対象となった方へ案内(ピンク色のA4サイズ封筒)を送付します。

案内(封筒とパンフレット)

案内にはデンタルフロス(使い捨て式)を同封しています。虫歯や歯周病の予防に効果的なため、是非、お試しください。

デンタルフロス(使い捨て式)

2 利用希望日などを決める

保健指導の案内に、面談方法や個人情報の取扱い、実施日程、申込方法などを記載した書類を同封しています。

保健指導の申込書類

3 申込み

保健指導の案内に同封した申込書類をご覧いただき、実施事業者(株式会社 ベネフィットワン・ヘルスケア)にお申込みください。なお、初回面談は案内に記載された日程以降でも毎月(一部の月を除き)実施しています。詳しくは実施事業者までお問合せください。

    受付時間  平日は午前9時から午後9時まで、土日祝は午前9時から午後6時まで(年末年始を除く。)

電話:0800-170-0799(通話無料)
電話:089-900-9997(IP電話の方)

4 初回面談

専門職(管理栄養士)とともに、健診結果を基に自らの生活習慣を振り返り、6か月間の目標を設定します。

5 6か月間サポート

株式会社ベネフィットワン・ヘルスケアが、電話・メール・手紙で、6か月間目標の達成に向けてサポートします。サポートの頻度は動機付け支援より積極的支援の方が高くなります。

6 6か月後の振り返り

6か月間の振り返りを行い、保健指導の支援終了後も自ら継続できるように目指します。

保健指導利用者特典!セミナーのご案内

セミナーについて

保健指導の初回面談を受けられた方が参加できるセミナーです。セミナーでは初回面談でお伝えしていない健康情報について、専門職(管理栄養士、健康運動指導士等)が講演や実技体験を通じてご紹介します。

※セミナーの申込方法など詳細情報については、初回面談の際などにご案内します。

セミナー(講義型)の様子

2018年度の実施予定

内容 ヨガ体験プログラム+保健指導(グループ面談)+血管年齢測定(希望者)
日程 2018年5月12日(土曜日)  2018年9月16日(日曜日)
会場 健康福祉会館
費用 無料

保健指導Q&A

保健指導は参加費用はかかるの?

無料です。

保健指導は受けた方がいいの?

保健指導の対象者になったということは、生活習慣病の発症リスクがあるということです。このままの状態を放置しておくと、心臓病や脳卒中、糖尿病およびその合併症など重大な病気を発症する危険性が高まります。保健指導による生活習慣の改善で予防できる可能性もありますので、ご自身の健康のためご利用をお勧めします。

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。) Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
保健所 健康推進課
電話:
042-725-5178
FAX:
050-3101-4923

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)