堂之坂公苑

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年10月17日

堂之坂公苑は、四季を通じて花が楽しめ、静かな雰囲気の中をのんびり散策できる庭園風の施設です。苑内では、梅・桜・サルスベリ・キンモクセイなどの高木をドウダンツツジやコデマリなどが囲み、さらにマツバギクやヒメシャガなどの地被類が植栽されています。

堂之坂公苑の歴史

江戸時代に旗本井戸石見守弘道いどいわみのかみひろみちの穀倉があったところで、その穀倉は明治になって江戸屋敷消滅後に井戸氏の妻と子息が余生を送った住まいとされています。

水琴窟すいきんくつ

水琴窟は、文化文政時代に江戸の庭師により創案されました。底に小さな穴を開けたカメが伏せてあり、そのカメの底に溜まった水面に滴が落ちて、カメ中に水滴の音が反響します。その音色が琴に似ていることから、「水琴窟」と呼ばれるようになったそうです。

施設案内

  • 苑内マップ

苑内マップ

  • 所在地:東京都町田市南成瀬5-8
  • 開苑時間:午前8時30分から午後5時30分(6月から8月は、午後7時)
  • トイレ:利用時間は開苑時間と同じです。(みんなのトイレあり、オムツ交換台なし。)

交通アクセス

横浜線「成瀬駅」下車、徒歩約10分

このページの担当課へのお問い合わせ
都市づくり部 公園緑地課

電話:042-724-4399

ファックス:050-3161-6269

WEBでのお問い合わせ