このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
町田市


サイトメニューここまで
本文ここから

クーリング・オフ

更新日:2014年1月15日

 訪問販売などで商品やサービスの契約をしても「特定商取引に関する法律」で指定された商品・サービス・権利については、契約を無条件で解除できるクーリング・オフ制度があります。
 この制度は、販売業者の強引なセールスなどで、消費者が十分に考える余裕がないまま、申込みや契約を結んでしまったときに生ずる被害を防ぐための規定です。頭を冷やして、よく考えるための期間を設けた制度です。クーリング・オフをした場合、損害賠償や違約金を払う必要はありません。
 また、既に支払ってしまったお金は、原則、全額返金されます。商品は返品し、それにかかる費用は業者負担です。工事が完了している場合でも、消費者が希望すれば、原状回復させることができます。

クーリングオフの方法

※ 電話や口頭でクーリング・オフを申し出ると、後で聞いていないなどと言うトラブルが起き ますので、必ずハガキ等書面で販売会社に通知します。
※ このとき、書面のコピー(両面)を取り,特定記録郵便または簡易書留で出しましょう。
<販売会社に通知するときの例>

はがき表 はがき表

はがき裏 はがき裏

※ 訪問販売(アポイント・キャッチ等含む)で契約した場合、契約した日から8日間は、無条件解約できます。

※ 英会話教室・学習塾・家庭教師・エステサロンの継続的役務契約は、店舗に出向いて契約した場合でも、契約した日から8日間は無条件解約できます。

※ マルチ商法、内職・モニター商法で契約した場合、契約した日から20日間は無条件で解約できます。

クーリング・オフ期間が過ぎても、契約に問題があれば解約できます。あきらめずにご相談を (書き方が分からないときは、相談室へ)

このページの担当課へのお問い合わせ

担当課:
市民部市民協働推進課 消費生活センター
電話:
042-725-8805
FAX:
042-722-4263

WEBでのお問い合わせはこちら(専用フォームへのリンク)